脳の病気

頭の中で頭痛のクラスター発生!?~群発頭痛って知ってます?~

へなお
こんにちは、脳神経外科医のへなおです。

 

このブログでは脳神経外科専門医であるアラフィフおじさんの視点から、主に一般の方に向けて脳の病気や治療について解説していきたいと思っています。

基本的な知識については、ネット検索すれば数多く見つかると思いますので、ここでは自分の実際の経験をもとになるべく簡単な言葉を用いてわかりやすく解説していきいます。

 

 

今回の『脳の病気』は「頭の中で頭痛のクラスター発生!?~群発頭痛って知ってます?~」と題して解説します。

 

この記事を読んでわかることはコレ!

  • 群発頭痛がどのような頭痛かわかります。
  • 群発頭痛にどう対処したらよいかがわかります。

 

頭痛のクラスター発生

頭痛に関しては、片頭痛緊張型頭痛について以前解説しました。

 

へなお
片頭痛と緊張型頭痛についても読んでみてください!

 

今回は「群発頭痛」をご紹介しようと思います。

 

頭痛を分類すると一次性頭痛二次性頭痛があります。

 

一次性頭痛はもともと脳に何も病気がなくて発生する頭痛です。

 

一方で、二次性頭痛は脳腫瘍、脳出血、くも膜下出血、脳梗塞、髄膜炎などなど…さまざまな脳の病気がもともとあってそれが原因でおこる頭痛です。

 

一次性頭痛は種類が3つあり「片頭痛」、「緊張型頭痛」、そのして今回の「群発頭痛」です。

 

へなお
片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛、3つあわせて頭痛3兄弟!

 

なんて呼ぶ人もいます。

 

へなじんさん
群発頭痛なんて頭痛ははじめて聞いた!

 

なんて人がほとんどではないでしょうか。

 

もっと詳しく

群発頭痛は激烈でのたうちまわるほど強烈な頭痛です。

群発頭痛はもともと「cluster headache」を日本語訳した言葉です。和訳すると、clusterは群発、headacheは頭痛になります。

群発頭痛は”頭の中で頭痛が群れをなして襲いかかってくる、まさに頭痛のクラスター発生状態”…そんな頭痛です

 

群発頭痛ってどんな頭痛?

それでは群発頭痛はどんな病気なのでしょうか。

 

へなじんさん

ハンマーで何度も目をなぐられた!

目をえぐられた!

 

群発頭痛の人はそんな訴えをしてきます。

 

ココがポイント

群発頭痛の痛みは猛烈に激しい頭痛です。

片側の目がものすごく痛くなり、涙が出て鼻水がだらだら出てきてしまいます。

1年に1回、1か月間、日に1回、1時間、夜中の1時、1側の目が痛くなります。

 

へなお
覚えやすいですよね。すべて1です。

 

例外的な人も当然いますが、基本的にはすべて1の頭痛です。群発頭痛の人は、

 

へなじんさん
1年でまたこの時期がきてしまったか…

 

と観念して病院に来ます。

 

頭痛は夜中におそってくるので怖くて寝れなくなる人もいます。

 

へなじんさん
夜中に頭痛でのたうち回って、明け方ころにようやくおさまったよお…

 

そんな感じの頭痛です。

 

ココがポイント

群発頭痛は20~30歳代の比較的若い男性に多いのが特徴です。

 

へなお
自分は女子の群発頭痛の患者さんをまだ1度も診察したことがありません。

 

あと特徴的なのは、

 

ココがポイント

群発頭痛はアルコールを飲むと頭痛が誘発されます。

 

この原因はよくわかっていないようですが、体質的な問題のようです。

 

ですから群発頭痛の人は自主的にお酒をあまり飲みません

 

へなじんさん
自分は頭痛持ちだけど、群発頭痛かな?

 

と思っている人でお酒をよく飲む人はほぼ間違いなく群発頭痛ではないので安心してください。

 

このように群発頭痛はほかの頭痛と比較してとても特徴的な頭痛なので、

 

へなじんさん
群発頭痛の診断は簡単そうだね!

 

なんて思う人もいるかもしれませんが、

 

へなお
実際に群発頭痛と診断するのは難しいです。

 

なぜでしょう…

 

ココがポイント

群発頭痛の人はとても少なくその頻度は1000人に1人くらいとされています。片頭痛の10分の1以下です。

 

へなお
群発頭痛の人にはなかなかお目にかかれません。

 

しかも群発頭痛の人が全員脳神経外科の外来を受診するわけではなく、一般の内科や神経内科や目が痛くなるので眼科などにさまざまな科に分散して受診します。

 

へなお
脳神経外科の外来に来る群発頭痛の人は実際はとても少ないです。

 

そうなると頭痛の訴えをいろいろ聞いていてもなかなか群発頭痛の文字が自分の頭の中に浮かんでこないのです。

 

そのため別の頭痛と診断されて痛み止めが処方されている人も実際は多くいると思います

 

痛み止めが効いてしまえば、

 

へなじんさん
頭痛がおさまってよかった!

 

となるわけですが、群発頭痛はなかなか通常の痛み止めは効きづらいので、いろいろな病院を転々とすることになります。

 

ですから群発頭痛の診断にたどりつくのはなかなか難しいのです。

 

群発頭痛の頭痛は特徴的ではありますが、当然例外的な人もいます。

 

1日に数回痛みがおそってきたり、昼間に痛くなったりする人もいます。

 

そこで群発頭痛を見逃さないための1つの重要なキーワードは、群発頭痛の特徴の1つである「片側の目が痛くなる」です。

 

ココがポイント

片側の目が痛くなるのは群発頭痛の大切な特徴です!

 

頭痛を訴える人に、

 

へなお
頭のどこが痛いですか?

 

と聞くと、群発頭痛の人は必ず、

 

へなじんさん
片側の目が痛くなる!

 

と必ず言います。

 

目の奥が痛くなる頭痛は、眼精疲労に伴う緊張型頭痛などでもおこりえますが、目の奥が痛い場合にはその原因の1つとして群発頭痛の可能性も考える必要があります

 

群発頭痛の治療はどうするの?

さきほども書きましたがお酒は群発頭痛を引き起こす原因になりますので、

 

ココがポイント

群発頭痛の人は基本的には禁酒です。

 

薬に関しては街中の薬局で市販されている痛み止めは基本的にはなかなか効きません。

 

また群発頭痛は発作の時期がめぐってくると毎日頭痛の発作が来ますので、あらかじめ群発頭痛の予防薬を飲んでおくことをお勧めします。

 

予防薬は市販されていない薬なので病院を受診して処方してもらう必要があります。

 

ココがポイント

痛み止めに関しては、片頭痛の特効薬であるトリプタン系薬剤が有効です。

 

そのため群発頭痛の診断がなかなかつかず、最終的に片頭痛と診断されてしまい、

 

へなじんさん
トリプタン系薬剤を病院で処方されて、頭痛がおさまったから自分はやっぱり片頭痛だったんだ!

 

と勘違いをしている群発頭痛の人も少なからずいると思います。

 

へなお
トリプタン系薬剤を処方されて頭痛がおさまってくれれば片頭痛と診断されていても、それはそれでよいのかもしれませんが…。

 

トリプタン系薬剤も市販されていませんので病院で処方してもらう必要があります。

 

へなお
片側の目が発作的に激しく痛くなるような頭痛がある人は、まずは市販の痛み止めを飲んでみるのが良いかと思います。

 

それで痛みがおさまれば群発頭痛の可能性は低いと思いますが、

 

へなお
市販の痛み止めを飲んでも頭痛がおさまらない人は、脳神経外科の外来を一度受診してご相談されることをお勧めいたします。

 

また日本では保険適応外ですが、群発頭痛が薬でおさまらない場合には放射線治療が有効とされていて、外国ではしばしば行われています。

 

群発頭痛の痛みの出発地点は脳の真ん中にある視床下部という場所とされています。

 

そのためピンポイントに視床下部の一部に放射線を狙い撃ちしてその場所を壊してしまうという方法です。

 

この方法はその効果が数多く報告されていますが、まだ日本では保険が通っていないのでおこなえません。

 

今後日本でも放射線治療で群発頭痛をなおす日が来るのかもしれません。

 

まとめ

今回は頭痛のクラスターである群発頭痛について解説してみました。

 

へなお
途中難しい言葉が出てきて難しかったかな?

 

へなじんさん
もっとうまく解説できるようにまだまだ日々努力ですね。

 

ここで今回の内容をまとめてみました。

 

今回のまとめ

  • 群発頭痛は頭痛の中でもかなり痛みが激しく、まさに頭痛のクラスターです。
  • 1年に1回、1か月間、日に1回、1時間、夜中の1時、1側の目が痛くなる…それが群発頭痛です。
  • 片側の目の奥が激しく痛んで市販の痛み止めが効かない人は一度脳神経外科の外来を受診しましょう。

群発頭痛は日本人には少ない頭痛です。

 

しかし確実に群発頭痛の人はいます。

 

しかし頻度が少ないがためにあまり認識されず正確な診断にいたらずに頭痛で苦しんでいる方もいます。

 

自分の頭痛と照らし合わせてみてもし、

 

へなじんさん
自分の頭痛は群発頭痛かも…?

 

なんて思われる方がいましたら、ぜひ脳神経外科の外来を受診してみてください。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

今後も『脳の病気』、『脳の治療』について現場に長年勤めた脳神経外科医の視点で皆さんに情報を提供していきたいと思っています。

 

引き続きよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

へなお

▶脳神経外科専門医でアラフィフおじさんの「へなお」です。▶日々脳の手術、放射線治療を中心に勤務医をしています▶一般の方でも脳についてわかりやすく理解していただけるように、脳の病気や治療から脳科学まで幅広い分野にわたって長年の経験からつちかった情報を提供していきます▶多くの方に脳に興味をもっていただき、少しでもこれからの生活の役に立つ知識をつけていただければと思います!

おすすめ記事

バレンタインジャンボ2021-A1 1

宝くじって当たる確率が低いってわかっているのになんで買うんでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年… ...

じゃんけん-A3 2

じゃんけんで勝つ確率って上げられるの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年…多くの脳の病気と向き合い手術、 ...

自己責任-1 3

ストレスに満ちた自粛しながらの生活の中で自己責任ってどんな意味があるの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20 ...

メラビアンの法則-A2 4

第一印象は見た目で決まるって本当なの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年…多くの脳の病気と向き合い手術、 ...

がんばれ-A4 5

大事な試験や試合の時に“頑張れ”って応援するのは相手にプレッシャーをかけて苦しめてつらくさせるだけで逆効果なの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。 &nbsp ...

-脳の病気

© 2021 殻に閉じこもった脳神経外科医が行く Powered by AFFINGER5