脳を科学する

科学的根拠(エビデンス)に基づいた正しい医療を受けよう!

科学的根拠(エビデンス)-A1

ある治療法が病気にちゃんと効果があるかどうかってどうやって調べているの?

 

そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。

 

このブログでは脳神経外科医として20年…多くの脳の病気と向き合い手術、放射線治療を中心に勤務医として働いてきた視点から、主に一般の方に向けて脳の病気や治療についてわかりやすく解説していきます。

 

基本的な知識についてはネット検索すれば数多く見つかると思いますので、ここでは自分の実際の経験をもとになるべく簡単な言葉で説明していきます。

 

この記事を読んでわかることはコレ!

  • 科学的根拠(エビデンス)に基づいた正しい医療がいかにしておこなわれているかがわかります。

 

 

科学的根拠(エビデンス)は正しい医療の絶対条件

EBM-2-min

 

へなお
この治療を行えばこの病気は治すことができる。

 

このようにすでにその効果が確立された薬や治療があるので私たちは病院で正しい医療を受けることができます。

 

そこにはちゃんとした根拠があります。

 

ココがポイント

医療は調査や研究をたくさん行いそこから得られた情報や科学的データ(これを科学的根拠(エビデンス)と言います)をもとに治療が行われています。

 

へなお
エビデンスに基づいた医療を英語では“Evidence-Based  Medicine”、略して”EBM”と言います。

 

それでは、

 

へなこさん
エビデンスがあればどんな治療でもしていいの?

 

へなお
そのようなことはありません。

 

有名な医学雑誌のBritish Medical JournalではEBMの解説の中で次のように記しています。

 

EBMとは医師の経験や患者さんの価値観に合わせて利用することができる最も適した根拠とデータを用いることである。

それには以下のものが含まれる。

 

✔ 患者さんに最も適した診断と検査

✔ 予後(今後の見通し)に関係する資料

✔ 安全かつ有効治療、機能回復、予防的戦略

✔ 患者さんの価値観や経験を理解すること

 

医師は臨床経験や知識・技術をすばやく最大限に活用して患者さんに本当に必要なものを見つけ出して、それに対して最も適した資料や研究結果を当てはめて、治療による効果と副作用・合併症を天秤にかけて最終判断をする。

最終的にEBMの目指す世界は、それぞれの患者さんの好き嫌い、心配ごと、期待に応える診断と治療を導き出し、最善のケアをすることである。

EBMは新しい概念ではなく、むしろむかしからの知識や経験の蓄積の結果を受けて、今なお進化し続けるプロセスである。

 

へなこさん
なんとも難しいですね…

 

簡単に言ってしまえば、

 

エビデンスに基づいた医療(EBM)

エビデンスに基づいた医療(EBM)とは科学的根拠に基づいた治療や診断を用いるのは当たりまえで、そのうえでそれぞれの患者さんの最も合った医療を選んでちゃんと治療しましょうね

 

といった感じでしょうか。

 

ココに注意

医療にはなんとなくであったり個人的な経験などといったあいまいなものはあてにはなりません

 

へなお
目の前の患者さんにとって最も適した医療を行うためにはエビデンスは絶対条件なのです。

 

さまざまな情報が錯そうしている現代社会において、特に医療の情報に関しては正しくて再現性のある情報を見極める必要があります。

 

へなお
たまたまうまくいったのではだめなのです。

 

ほとんどの人に効果がある確実性の高い医療が行われるためにはエビデンスは絶対不可欠です。

 

へなお
エビデンスは誰が見ても正しくて確実なものでなければなりません。

 

そのためたくさんの研究が積み重ねて行われてその結果エビデンスが示されます。

 

エビデンスはそれぞれの分野で権威のある学術雑誌に論文として掲載されます。

 

また中には国が管理するデータベースの中に収められているエビデンスも数多く存在します。

 

これらの論文やデータベースは基本的には閲覧可能ですのでそれらを見てエビデンスを確認してEBMを実践すればよいことになります。

 

しかしそのような論文は莫大な量があり毎回そのすべてを検索して調べることは不可能です。

 

診療ガイドライン

医療のそれぞれの分野においてエビデンスをまとめて正しい治療方法の基準を示してくれる便利なものが作製されています。それが「診療ガイドライン」です。

 

へなお
われわれは診療ガイドラインにそって正しいEBMを皆さんに提供しています。

 

 

科学的根拠ってどうやって証明するの?

EBM-3-min

 

へなお
それでは科学的根拠=エビデンスはどうやって証明されているのでしょう。

 

エビデンスはその信頼度から治療をお勧めする度合が設定されています。

 

お勧め度合の分類は5つに段階付けされています。

 

エビデンスの推奨度の分類

A 根拠の信頼性がかなり高いので安心して使ってくださいね

B かなり安心とまでは言い切れないけど使ってくださいね

C1 使ってもいいけど根拠はあまりないですよ

C2 根拠がないのでおすすめしません

D 根拠がない上に有害かもしれないので使わないでくださいね

 

エビデンスがどのお勧め度合の分類に組み込まれるかはエビデンスの信頼性のレベルが設定されていてそれによって振り分けれています。つまり、

 

へなお
このエビデンスは信頼性の高い研究なのでAにしましょう。

 

であったり、

 

へなお
このエビデンスは信頼性がいまいちなのでC1にしましょう。

 

なんて感じです。

 

ですからエビデンスは信頼性の高いレベルを証明する必要があります。

 

このエビデンスレベルは6段階に分類されています。

 

へなお
いかに高いレベルを勝ち取るかの鍵バイアスをいかに取り除くかにかかっています。

 

バイアスが全然ないエビデンスは最高級の評価がされます。

 

しかしバイアスが取り除けていないエビデンスはとても低い評価になります。

 

へなお
エビデンスはまさにバイアスとの戦いなのです。

 

それでは、

 

へなこさん
バイアスってなんでしょう?

 

バイアスとは

研究を行い正しい結果が出るはずだったのに、研究の途中で邪魔がはいってしまい研究の方向が途中でずれてしまい正しい結果がでずに結果に”ずれ”が生じてしまう…その邪魔なものバイアスです。

 

へなお
ここからはバイアスの具体的な説明です。

 

バイアスの具体例

例えばある薬が血圧を下がる効果があるかどうかを調べる研究をするとします。

 

まったく同じ人が2人いて1人は薬を飲んでもう一人は薬を飲まないで、2人の血圧を比べれば答えはもっとも簡単です。

 

薬を飲んだ人の血圧が下がって、薬を飲まなかった人の血圧が下がらなければ簡単に薬の効果が証明されます。

 

へなお
しかしまったく同じ人はいません。

 

ココに注意

違う人がたくさん集まって研究を行うのでそもそもスタートの条件が全員ばらばらです。

 

共通しているのは血圧が高いということだけです。

 

男性もいれば女性もいる、高齢者がいれば若者もいる、高血圧の他に糖尿病がある人もいればない人もいる…みんな条件はバラバラです。

 

へなお
バラバラな条件で薬を飲んだ人と薬を飲まなかった人を分けて比べても公平に研究が行われたとは言い難いですよね。

 

性別、年齢、持病などは血圧にとても関わってきます。

 

例えば高齢者はもともと血圧が高めの人が多いので薬を飲んでも血圧が下がりにくいなどの別の要素が結果に影響してきます。

 

へなお
この性別、年齢、持病などの要素がバイアスになって結果にずれを生じさせます。

 

さらにバイアスにはもっとさまざまな要素もあります。

 

ココに注意

例えば高血圧なのに薬を飲まないグループに分類されてしまうと不満が高まって血圧が上がってしまいます。

一方薬を飲むグループに分類されたら安心してそれだけで血圧が下がったなんてこともあります。

これを選択バイアスと言います。

 

このように、

 

ココに注意

バイアスは研究結果に大きく影響を及ぼして場合によっては期待していた答えと逆の結果が出てしまうこともあります。

 

そのため、

 

ココがポイント

研究の対象者を選ぶのにはかなりの慎重さが求められます。

 

具体的には、対象者を選ぶ最初の段階において多くの人の中から無作為に選ぶ必要があります。

 

この時選ぶ人の主観が入らないようにくじ引きなどの抽選方式が用いられます。

 

また選ぶ対象の人数が少ない偶然起きたことの影響が大きく出てしまいます。

 

例えば10人しか選ばなかったとします。

 

薬を飲む人と飲まない人は5人ずつです。

 

薬を飲んだ人がたまたま全員喫煙者だったとします。

 

そうすると喫煙のせいで薬を飲んでも血圧がなかなか下がらずに薬の効果なしという結果が出てしまうことが起こります。

 

しかし1000人選んだとすればどうでしょう。

 

薬を飲んだグループの500人全員が喫煙者という偶然はなかなか起こらないでしょう。

 

へなお
薬を飲む人の選び方慎重でなくてはいけません。

 

これも選ぶ人の主観が入らないようにくじ引きなどの抽選方式が用いられます。

 

血圧を下げる薬を飲まない人には体に害のないビタミン剤などの別の薬を飲んでもらい自分が血圧を下げる薬を飲むグループに選ばれなかったとわからないようにします。

 

へなお
これをプラセボと言います。

 

当然血圧を下げる薬を飲むグループに選ばれた人にも自分が選ばれたことは伝えません。

 

研究に参加する対象者を慎重に選んだ後は血圧を下げる薬を飲んでいる人と飲んでいない人をそれぞれ追跡していきます。

 

へなお
研究途中でバイアスが入ることもあります。

 

研究に参加していることで血圧を少しでも下げたいという意識が強く働き、禁煙したり、運動してやせたりするとこれらの要素は血圧に関係してきますので結果が変わってきてしまいます。

 

へなお
血圧を下げる薬を飲んだから血圧が下がったのではなくて禁煙して体重が減ったから血圧が下がったのかもしれません。

 

ですからこのような人は除外する必要があります。

 

ココがポイント

極力バイアスを取り除いた研究が評価されるのです。

 

最終的には研究に参加した人のデータを調整する必要があります。

 

へなお
このような研究の方法をランダム化比較試験と言います。

 

ココがポイント

最高レベルのエビデンスを獲得するにはランダム化比較試験をいくつも行いこれらをまとめた研究をする必要があります。これをメタアナリシスと言います。

 

へなこさん
ずいぶんと長い道のりですね。

 

へなお
ここまでやらないと信頼は勝ち取れないのです。

 

多くの研究者は日々たくさんのバイアスと戦いながら信頼性の高いエビデンスレベルの論文を作製することに奮闘しているのです。

 

その成果が診療ガイドラインとなり、われわれはEBMに基づいた正しい医療をうけることができるのです。

 

 

EBMの大切さを認識しよう

EBM-4-min

 

ここまでいろいろと書いてきましたが、

 

へなお
いかに現代の医療が高い信頼性の科学的根拠に基づいて行われているかが少しはご理解いただけたのではないでしょうか。

 

このような知識が多少でもあればテレビや雑誌などで騒がれている研究の持つ意味がなんとなくでも分かってくると思います。

 

正しい科学的根拠を証明することの難しさと同時にその大切さも伝わってくると思います。

 

 

まとめ

まとめ-conclusion1-N1

 

今回は科学的根拠(エビデンス)に基づいた正しい医療がいかにしておこなわれているかを解説しました。

 

今回のまとめ

  • 多くの研究者が築きあげた高い信頼度のエビデンスに基づいて現在の医療は行われています。
  • 世の中を飛び交う多くの情報に惑わされることなく正しい情報をキャッチする選定眼を身につけましょう。

 

これからも少しでも理解を深めてもらうために脳の情報を提供していきます。

 

へなお
今回の記事がみなさんに少しでもお役に立てれば幸いです。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

今後も『脳の病気』、『脳の治療』について現場に長年勤めた脳神経外科医の視点で皆さんに情報を提供していきます。

 

最後にポチっとよろしくお願いします。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

へなお

▶脳神経外科専門医でアラフィフおじさんの「へなお」です。▶日々脳の手術、放射線治療を中心に勤務医をしています▶一般の方でも脳についてわかりやすく理解していただけるように、脳の病気や治療から脳科学まで幅広い分野にわたって長年の経験からつちかった情報を提供していきます▶多くの方に脳に興味をもっていただき、少しでもこれからの生活の役に立つ知識をつけていただければと思います!

おすすめ記事

バレンタインジャンボ2021-A1 1

宝くじって当たる確率が低いってわかっているのになんで買うんでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年… ...

じゃんけん-A3 2

じゃんけんで勝つ確率って上げられるの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年…多くの脳の病気と向き合い手術、 ...

自己責任-1 3

ストレスに満ちた自粛しながらの生活の中で自己責任ってどんな意味があるの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20 ...

メラビアンの法則-A2 4

第一印象は見た目で決まるって本当なの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年…多くの脳の病気と向き合い手術、 ...

がんばれ-A4 5

大事な試験や試合の時に“頑張れ”って応援するのは相手にプレッシャーをかけて苦しめてつらくさせるだけで逆効果なの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。 &nbsp ...

-脳を科学する
-, ,

© 2021 殻に閉じこもった脳神経外科医が行く Powered by AFFINGER5