脳の病気

“めまいと言えばメニエール病!”なんて思ってないですか?

へなお
こんにちは、脳神経外科医のへなおです。

 

このブログでは脳神経外科専門医であるアラフィフおじさんの視点から、主に一般の方に向けて脳の病気や治療について解説していきたいと思っています。

基本的な知識については、ネット検索すれば数多く見つかると思いますので、ここでは自分の実際の経験をもとになるべく簡単な言葉を用いてわかりやすく解説していきいます。

 

 

今回の『脳の病気』は「“めまいと言えばメニエール病!”なんて思ってないですか?」と題して解説したいと思いますのでよろしくお願いします。

 

この記事を読んでわかることはコレ!

  • メニエール病ってなに?を解決します。
  • 自分のめまいがメニエル病かどうかがわかります。
  • メニエール病にどう対処したらよいかがわかります。

 

めまいの診察は難しい!?

めまいの診断の難しさは、『脳の病気』シリーズのぐるぐるまわるめまいにご用心!?~良性発作性頭位めまい症~で説明しました。

 

へなお
めまいの原因はさまざまありますが、大きく分けると脳か耳にその原因があることがほとんどです。

 

そのためめまいがした時に、

 

へなえさん
どこの科を受診したらいいの?…脳神経外科?それとも耳鼻科?

 

…と迷ってしまう人も多いと思います。実際には、

 

へなお
脳のめまいよりも耳のめまいの方が頻度は多いのです!

 

しかしどうしたらよいかわからず、脳神経外科と耳鼻科を行ったり来たりしている人も多く見受けられます。

 

めまいを訴えて受診される方はとても多く、診察する機会のとても多い病態ですが、めまいの診断はとても難しいです。

 

へなお
脳のめまい?耳のめまい?と診断に困ることはよくあります。

 

メニエール病は耳のめまい

へなお
脳のめまいに関しては今後あらためて解説したいと思います。

 

今回は頻度の多い耳のめまいです。

 

へなお
耳のめまいの半数以上は良性発作性頭位めまい症です。

 

そのほかにも耳のめまいには多くの病気がありますが、

 

へなお
一般の方には良性発作性頭位めまい症よりもメニエール病の方がなじみ深いのではないでしょうか?

 

へなえさん
めまいしたことありますが、メニエール病でしたよ!

 

なんて言う人はとても多いですが、

 

へなえさん
めまいしたことありますが、良性発作性頭位めまい症でしたよ!

 

とはあまり聞いたことがありません…。

 

へなえさん
メニエール病ってどんな病気なの?

 

こう聞かれてはっきり答えられる人はすくないのではないでしょうか…。

 

そこで、今回はメニエール病について解説したいと思います。

 

メニエール病ってどんな病気?

へなお
メニエール病は100年以上前にメニエール先生が発見しためまいの病気です。

 

ココがポイント

耳の中にある内リンパという液体がたまっている袋があるのですが、そこに何かしらの原因で液体が過剰にたまってしまう(内リンパ水腫といいます)ことがメニエール病の原因です。

 

内リンパ水腫によって耳の神経が障害されて症状がでてきます。耳の神経には前庭神経蝸牛神経の2種類の神経があります。

 

へなお
前庭神経がやられるとめまいがして、蝸牛神経がやられると難聴(耳が聞こえづらい)、耳鳴り耳閉感(耳がふさがった感じ)などがします。

 

しかし、

 

ココがポイント

なぜ内リンパに液体がどんどんたまってきてしまうかはよくわかっていません。つまりメニエール病の原因は不明です。

 

しかしメニエール病の原因としてはいくつか考えが示されています。

 

メニエール病の原因を探ってみると…

メニエール病はもともと生理的に内リンパに液体がたまりやすい人が、精神的や肉体的ストレスを受けると体の中のホルモンバランスが崩れて、体内に液体がたまりやすい状態となり、内リンパにも液体がどんどんたまってしまいめまいがおこるのではないかと考えられています。

メニエール病はストレスを感じやすい人、几帳面な人神経質な人がなりやすい言われています。

 

へなお
メニエール病の特徴をまとめておきます。

 

ココがポイント

30~40歳台(いわゆる働き盛りの年代)の女性に多い病気です。

めまいのほかに耳が聞こえづらい(難聴)や耳鳴りや耳がふさがった感じ(耳閉感)などの症状を伴います。

めまいと耳の症状は同時に始まり同時に終わります

めまいが持続する時間は1時間くらいです。

何度も繰り返し起こります。

 

へなお
これらの特徴があてはまれば、あなたはメニエール病です!

 

しかし当てはまらない項目があればめまいの原因はメニエール病ではない可能性があります。

 

へなお
めまいがしてもそれの原因がメニエール病の人は実際にはとても少ないです。

 

へなお
自分のめまいはメニエール病です!と思っている人でも正確にメニエール病よ診断されている人は実際には少ないです。

 

メニエール病はとても有名で世間に知れ渡っためまいの病気ですが、メニエール病と思っていても実際にはメニエール病ではない人はたくさんいるのです。

 

へなえさん
めまいと言えばメニエール病!なんて言われるくらい有名な病気なのに、実際にはめまいの原因がメニエール病の人はとても少ないなんて、なんとも不思議ですね!

 

なぜメニエール病がこんなに有名になったかはよくわかりません…

 

メニエール病はどうやってなおすの?

へなお
メニエール病のめまいに対してはなかなかできることがありません。

 

はっきり有効とされる薬はありませんが、もともと耳の中に液体がたまってしまう病気ですから、尿として体の水分を排出するような薬を処方あるいは点滴します。

 

さらに詳しく

体の水分の管理に関しては、メニエール病によくなる人は液体が耳にたまらないようにするために水分をとりすぎないことを心がける必要があるとする意見と、逆に、日ごろから水分をよくとることでホルモンバランスが崩れても必要以上に水分がたまることがないような状態に整えておいた方が良いとする意見があり、どちらも理にかなっているようで、しかしやることはまったく逆なので、どちらが有効なのかはよくわかりません。

 

へなお
どのようなめまいに対しても、一般的にめまい止めとして処方されている薬のほとんどは耳の中の血のめぐりをよくする薬です。

 

血のめぐりが良くなると液体がたまりにくいと言われていますので、それによって耳の中が良い状態に保たれて結果的にはメニエール病の人には効果を示すこともあります。

 

発作が何度も繰り返される人には耳鼻科で手術をしたり、耳の中に圧力を加えたりする治療もあるようですが、そのような人は早めに耳鼻科を受診して相談することをお勧めします。

 

しかしもっとも基本的ことはストレスをため込まない生活を送ることです。

 

ココがポイント

メニエール病は一種のストレス病です。

睡眠不足過労などストレスの原因となるものを避けて、規則正しい生活を送ることが最も有効な予防法です。

いつメニエール病のめまいが襲ってくるかもしれない…という不安感もストレスとなりめまいを誘発しますので、安心できる心の支えを持っておくことが大切です。

 

へなお
めまいがして困った時に、すぐに受診できるクリニックや病院などのかかりつけを決めておくめまい止めの薬を常に持ち歩きめまいがおきたらすぐに内服できるようにしておく、などの工夫をしてみてください。

 

まとめ

今回はメニエール病について解説してみました。

 

へなお
途中難しい言葉が出てきて難しかったですね。

 

へなえさん
もっとうまく解説できるようにまだまだ日々努力ですね。

 

ここで今回の内容をまとめてみました。

 

今回のまとめ

  • めまいの原因としてメニエール病はとても有名ですが実際にメニエール病の人は少ないです。
  • 耳の中の内リンパに液体がたまる病気です。
  • 原因は不明ですがストレスの多い女性に多いです。
  • 難聴、耳鳴り、耳閉感をともなうめまいで、1時間程度のめまいを何度も繰り返します。
  • メニエール病の特効薬はありません。
  • メニエール病はストレス病の1つにあげられる病気ですので、ストレスをため込まない生活を心がけましょう。

めまいはほんとつらいものです。しかもめまいに難聴や耳鳴りが加わればとても不安になるものです。

 

しかしめまいの原因が実際にメニエール病である人はとても少ないのです。自分のめまいはおそらくメニエール病だろうと思いこまないで、まずは早めに病院に受診してご相談されることをお勧めします。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

今後も『脳の病気』、『脳の治療』について現場に長年勤めた脳神経外科医の視点で皆さんに情報を提供していきたいと思っています。

 

引き続きよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

へなお

▶脳神経外科専門医でアラフィフおじさんの「へなお」です。▶日々脳の手術、放射線治療を中心に勤務医をしています▶一般の方でも脳についてわかりやすく理解していただけるように、脳の病気や治療から脳科学まで幅広い分野にわたって長年の経験からつちかった情報を提供していきます▶多くの方に脳に興味をもっていただき、少しでもこれからの生活の役に立つ知識をつけていただければと思います!

おすすめ記事

バレンタインジャンボ2021-A1 1

宝くじって当たる確率が低いってわかっているのになんで買うんでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年… ...

じゃんけん-A3 2

じゃんけんで勝つ確率って上げられるの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年…多くの脳の病気と向き合い手術、 ...

自己責任-1 3

ストレスに満ちた自粛しながらの生活の中で自己責任ってどんな意味があるの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20 ...

メラビアンの法則-A2 4

第一印象は見た目で決まるって本当なの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年…多くの脳の病気と向き合い手術、 ...

がんばれ-A4 5

大事な試験や試合の時に“頑張れ”って応援するのは相手にプレッシャーをかけて苦しめてつらくさせるだけで逆効果なの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。 &nbsp ...

-脳の病気

© 2021 殻に閉じこもった脳神経外科医が行く Powered by AFFINGER5