脳を科学する 自己の脳科学

時間と労力をかけたものを過大評価していませんか?「認知的不協和理論」の意味を脳科学で探る

2022-01-23

認知的不協和理論-A1

時間と労力をかけたものを過大評価してしまうのはなぜなのでしょう?

 

そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。

 

このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳の病気と向き合い勤務医として働いてきた視点から、日常の様々なことを脳科学で解き明かし解説していきます。

 

基本的な知識についてはネット検索すれば数多く見つかると思いますので、ここでは自分の実際の経験をもとになるべく簡単な言葉で説明していきます。

 

この記事を読んでわかることはコレ!

  • 「努力の正当化」を生み出す「認知的不協和理論」の意味をわかりやすく脳科学で説き明かします。

 

時間と労力をかけたものは正しいに決まってる

認知的不協和理論-1-min

「認知的不協和理論」の脳科学

  • 自分の思考と行動の矛盾から生じる不快感を解消するために、つじつま合わせをしようとする脳の働きを「認知的不協和理論」と呼びます。
  • 特に時間と労力をかけて手に入れたものには、その価値を過大評価する「努力の正当化」が働きます。
  • 時間と労力を費やした時には「認知的不協和理論」にはまり込んでいないか、客観的に「結果」を確認してみてください。

認知的不協和

『認知的不協和』 (にんちてきふきょうわ)

(英語表記)cognitive dissonance

個体がある事柄について矛盾した、相反する認知もしくは知識をもっている状態をさす。

一般にこのような認知的不協和にある個体では,不快や心的緊張が高まり、その結果この不一致を低減させるための行動を生じさせる傾向をもつとされる。

レオン・フェスティンガー氏により提出された用語で、彼は主としてこの概念を基礎に種々の社会行動を理解しようとして、認知的不協和理論を提唱した。

コトバンク

 

へなお
「認知不協和」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

へなこさん
そんなの聞いたことがない…

 

そのような人でも日常茶飯事、「認知不協和」に悩まされて生きているはずです。

 

へなお
「認知不協和」でもっともわかりやすいのは、なんといってもダイエットでしょう。

 

へなこさん
ダイエットをして痩(や)せたいと思っているのに、ついつい食べてしまう…

 

「ダイエットをして痩せたい」という考えと、「ついつい食べてしまう」という状態は明らかに矛盾しています。

 

そのような状態を脳はとても不快に感じます。

 

へなお
これが「認知不協和」です。

 

脳はこの不快な状況を乗り切るために

 

「今日はいつも以上に動き回ってたくさん歩いてカロリーを消費したからから、いつもよりも多めに食べても大丈夫」

 

このような考えに切り替えるのです。

 

そうすれば先ほどの矛盾は解消されて不快感は薄らぎます。

 

へなお
このようにしてダイエットは失敗に終わるわけです。

 

こうした「認知不協和」の解消による行動の正当化は、日常頻繁起きています。

 

へなお
「毎食リンゴしか食べない」というダイエットをしているとしましょう。

 

へなこさん
リンゴしか食べないと本当に痩せるのか?

 

へなこさん
リンゴとダイエットは本当に関係があるのか?

 

そのように考えると脳は不快な気持ちになります。

 

つまり認知不協和が生じています。

 

そこで脳は考えを切り替えます。

 

へなこさん
リンゴとダイエットは関係がある

 

へなこさん
毎食リンゴしか食べないというつらい作業を時間と労力をかけてしているのだから、痩せるはずだ

 

このように考えればきっとつらいダイエットもがんばれるでしょう。

 

自分の考えと行動が矛盾した時に感じる不安…つまり「認知不協和」を解消するために、自分の考えを変更することにより行動を「正当化」する現象を「認知不協和理論」と呼びます。

 

わたしたちの日常生活に起こる多くのことは「認知不協和理論」に縛(しば)られています。

 

へなお
それでは「認知的不協和理論」の意味をわかりやすく脳科学で説き明かしていきましょう。

 

無意識のうちに行われる「努力の正当化」

認知的不協和理論-2-min

自分の思考と行動の矛盾から生じる不快感、つまり「認知不協和」を解消するため、「つじつま合わせ」をしようとする人間の心理的傾向が「認知的不協和理論」です。

 

へなお
「認知不協和理論」の例はいくらでもあります。

 

へなお
たとえば入会金もその1つです。

 

どのような組織でもメンバーになるにはたいてい入会金が必要です。

 

入会金をわざわざ払うという「入会のための儀式」に労力をかけることで、グループに加われたという“ありがたみ”を感じるのです。

 

へなお
喫煙者がタバコをなかなかやめられないのも、認知不協和理論が関係しています。

 

へなじんさん
タバコは健康に悪いのはわかっている。しかしなかなかやめられない…

 

そのような人の脳では「タバコを吸うことでストレス解消になる」や「タバコを吸う人同士のコミュニケーションが大切」、だから「タバコはやめられない」という認知の変換が起きています。

 

こうして矛盾を解消するのです。

 

「認知不協和理論」は、時間と労力という自分にとってはある意味余計な努力をすることで手に入れたものです。

 

脳はそのように努力をしてわざわざ手に入れたものの価値を過大評価しようとします。

これを「努力の正当化」と呼びます。

 

へなお
「努力の正当化」は「認知不協和理論」の究極の形態です。

 

たとえば錆(さび)ついたハーレーダビッドソンを持っていたとしましょう。

 

ハーレーダビッドソンは熱狂的な愛好者の多い人気のオートバイです。

 

かつては定期的に手入れしていましたが、今ではすっかり錆ついてしまったハーレーダビッドソンを、なんとかきれいに磨き上げて修復しようと考えました。

 

うまくいけば高値で売れるかもしれません。

 

休日は朝から晩までハーレーダビッドソンを修復することに専念しました。

 

さんざん苦労した挙句、ようやくハーレーダビッドソンはピカピカに輝き、重低音のエンジン音を響かせる本来の姿に戻りました。

 

さっそくバイク専門店に持っていき売ろうとしました。

 

しかし店から提示された金額は自分の予想していた金額をはるかに下回っていました。

 

あなたは知らず知らずのうちに「認知不協和」にはまり込み、時間と労力をかけて修復したハーレーダビッドソンの価値を過大評価するようになっていたのです。

 

つまりあなたの脳の中では。ありきたりのものを、あたかも神聖なものであるかのように仕立て上げていたのです。

 

“努力の脳科学”についてはこちらの記事もご参照ください。

楽しく努力-A1
参考努力したくない、苦手、続かない…そんな人が楽しく努力してモチベーションを上げるための脳科学

努力したくない、苦手、続かない…そんな人でも努力できるようになりますか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20 ...

続きを見る

 

努力できない-A1
参考努力は必ず報われるとは限らない~努力できないことの意味を脳科学で探る

努力すれば必ず報われるんですか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳の病気と向き合い勤務医とし ...

続きを見る

 

この一連の「努力の正当化」はすべて無意識のうちに行われます。

 

へなお
ですから「努力の正当化」を阻止することはほとんど不可能なのです。

 

時間と労力を費やした時はご注意を

認知的不協和理論-3-min

「認知不協和理論」では、時間と労力を費やすことで生じた不快感が大きければ大きいほど、それが解消された時に得られる快感や自己満足感が大きくなる傾向があります。

 

へなお
これはちゃんと研究によって証明されています。

 

たとえば希望する学校に入学するためには、難しい入学試験に合格する必要があります。

 

そのために休み返上で、睡眠時間をけずって勉強するわけです。

 

その勉強がたとえ将来自分の役にたとうがたたまいが関係ありません。

 

難しい数式を使いこなせるようになっても、それが将来自分の人生に必要なものかどうかはわかりません。

 

“数学”の脳科学についてはこちらの記事もご参照ください。

数学-A4
参考数学の公式や数式を見るだけでなぜ苦手意識が湧き上がる?数学ができない人と得意な人の脳を探る

数学の公式や数式を見るだけで苦手意識が湧き上がるのはなぜなのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年 ...

続きを見る

 

しかしそんなことはどうでもよいことです。

 

とにかく入学試験という不快なものをなんとかクリアすればよいのです。

 

入学試験のために多大な労力を費やせば費やすほど、合格した時の喜びは大きくなるのです。

 

数学の難しい数式を「このようなものは勉強しても将来何の役にも立たない…」という人がいますが、このような人は「認知不協和」にはまり込むほどの勉強をしていない人と言えるでしょう。

 

試験のための勉強に時間と労力をかければかけるほど、希望する学校に合格することの価値は高まるのです。

 

店頭に並んだマフラーよりも手編みのマフラーの方が価値があるはずである。

 

高級なお弁当よりも手作りの料理の方が美味しいはずである。

 

へなお
このようは発想はすべて「認知不協和理論」によるものです。

 

組み上げられたどんな高価な家具よりも、自分で組み立てた家具の方が価値があるように感じてしまうのは「IKEA効果」と呼ばれますが、これも「認知不協和理論」による「努力の正当化」の影響です。

 

“IKEA効果の脳科学”についてはこちらの記事もご参照ください。

NIH症候群-A1
参考自分のアイデアが一番に決まっている!「NIH症候群」の意味を脳科学で探る

自分が発想したアイデアが誰よりも優れていると思ってしまうのはなぜなのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医とし ...

続きを見る

 

へなお
「認知不協和理論」は時に奇妙な現象も生み出します。

 

たとえばインスタント製品は簡単に調理できすぎるとあまり売れません。

 

調理の仕方を意図的に少し複雑にして、卵を入れてかき混ぜなければならないとか、野菜をいためて加えなければならないなどの、多少の手間が加わってこそ価値が上がるとされています。

 

つまり、「すべておまかせで誰にでも調理できる」よりも「多少の時間と労力が必要」の方が、脳は自尊心を保つことができるようになり商品価値も上がるわけです。

 

へなお
しかしこれが正しいことなのかは微妙です。

 

客観的に見れば、インスタント製品に手間がかかっては、本来のインスタントの意味が薄れてしまいます。

 

ですから時間と労力を費やした時には「認知不協和理論」にはまり込んでいないか注意することが必要です。

 

時間と労力をかけたからといって、必ずしもそれが正しい結果を導き出すとは限りません。

 

脳が「認知不協和理論」にはまり込んでいないか確認するには、一歩引いて導き出された「結果」だけを確認してみてください。

 

へなこさん
せっかく何年もかけて書き上げた小説なのに、出版社は見向きもしてくれない

 

そのような小説はひょっとしたらまったくの駄作なのかもしれません。

 

へなこさん
何度も口説いているのに見向きもしてくれない

 

その人はあなたに好意を寄せてくれている別の人よりも、本当に素敵な人なのでしょうか?

 

へなお
時間と労力を費やした時はとにかくご注意ください。

 

へなお
「認知的不協和理論」についてもっと知りたい方は、こちらの書籍がお勧めです。

 

 

へなお
ぜひ参考にしてみてください。

 

“「認知的不協和理論」の脳科学”のまとめ

まとめ-conclusion1-N1

努力の正当化を生み出す「認知的不協和理論」の意味をわかりやすく脳科学で説き明かしてみました。

今回のまとめ

  • 自分の思考と行動の矛盾から生じる不快感を解消するために、つじつま合わせをしようとする脳の働きを「認知的不協和理論」と呼びます。
  • 特に時間と労力をかけて手に入れたものには、その価値を過大評価する「努力の正当化」が働きます。
  • 時間と労力を費やした時には「認知的不協和理論」にはまり込んでいないか、客観的に「結果」を確認してみてください。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

今後も長年勤めてきた脳神経外科医の視点からあなたのまわりのありふれた日常を脳科学で探り皆さんに情報を提供していきます。

 

最後にポチっとよろしくお願いします。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

へなお

▶脳神経外科専門医でアラフィフおじさんの「へなお」です。▶日々脳の手術、血管内治療、放射線治療を中心に某総合病院で勤務医をしています▶一般の方でも脳についてわかりやすく理解していただけるように、あなたのまわりのありふれた日常を長年の経験からつちかった情報をもとに脳科学で探っていきます▶多くの方に脳に興味をもっていただき、少しでもこれからの生活の役に立つ知識をつけていただければと思います!

おすすめ記事

ドリームジャンボ2022-A1 1

宝くじって当たる確率が低いってわかっているのになぜ多くの人は宝くじを買うのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科 ...

屁理屈-A1 2

屁理屈ばかり言う人を論破するにはどうしたらいいのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳 ...

フードファイター-A4 3

大食いのフードファイターはなぜたくさん食べられるのでしょう? なぜたくさん食べても太らないのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブ ...

デジャヴ-A6 4

「これって前に見たことあるような気がするけど気のせい?」…そんな経験したことありませんか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神 ...

サウナでととのう-A3 5

「サウナでととのう」とは脳科学的にどのような意味や方法や効果があるのでしょうか??   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医 ...

がんばれ-A4 6

大事な試験や試合の時に“頑張れ”って応援するのは相手にプレッシャーをかけて苦しめてつらくさせるだけで逆効果なの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。 &nbsp ...

モノクロ-A2 7

モノクロの世界の意味と魅力ってどこにあるの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳の病気と向き合 ...

美男美女-A10 8

美男美女カップルが少ないのは何でなの? そもそも美男美女ってモテないの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20 ...

マガーク効果-A3 9

マスクをしながらの会話やリモート会議で相手の言っていることが理解しづらいのはなぜなのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは ...

雷恐怖症-A3 10

雷が怖いんですけど克服する方法ってありますか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳の病気と向き ...

数学-A4 11

数学の公式や数式を見るだけで苦手意識が湧き上がるのはなぜなのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年 ...

藤井聡太-A4 12

将棋の藤井聡太五冠の強さの秘密はどこにあるのですか?   このブログでは脳神経外科医として20年…多くの脳の病気と向き合い勤務医として働いてきた視点から、日常の様々なことを脳科学で解き明かし ...

-脳を科学する, 自己の脳科学
-, ,

© 2022 殻に閉じこもった脳神経外科医が行く Powered by AFFINGER5