日常の脳科学 脳を科学する

【2021年】ハロウィンジャンボ宝くじの当選確率は?当たる確率が低いのになぜ宝くじを買うのか?

2020-08-20

ハロウィンジャンボ-A2

宝くじって当たる確率が低いってわかっているのになぜ多くの人は宝くじを買うのでしょう?

 

そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。

 

このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳の病気と向き合い勤務医として働いてきた視点から、日常の様々なことを脳科学で解き明かし解説していきます。

 

基本的な知識についてはネット検索すれば数多く見つかると思いますので、ここでは自分の実際の経験をもとになるべく簡単な言葉で説明していきます。

 

この記事を読んでわかることはコレ!

  • 当たる確率が低いことをわかっているのになぜ人は宝くじを買うのかがわかります。

 

夢をお金で買う宝くじ

七福神-1-min

”当たる確率が低いのに宝くじを買う理由”を脳科学で探る

  • 宝くじを買うのは”少ないリスクで高い報酬を得られる”と脳が判断する期待効用の効果です。
  • 期待効用はさまざまな場面で登場しますが話が複雑になると脳は時々バグをおこします。
  • 宝くじは脳を絶妙に刺激する考えつくされた策略です。
  • みなさんの宝くじが1枚でも多く当たることを心から祈っています。
へなお
皆さんは宝くじを買ったことがありますか?

 

へなこさん
いよいよハロウィンジャンボ宝くじの季節になりましたね。

 

2021年9月22日(水曜日)から10月22日(金曜日)までハロウィンジャンボ宝くじとハロウィンジャンボミニが発売されます。

 

ちなみにハロウィンジャンボ宝くじとハロウィンジャンボミニの当選金額って知ってます?

 

へなこさん
ハロウィンジャンボ宝くじは1等3億円、1等の前後賞を合わせると5億円です。

 

へなこさん
ハロウィンジャンボミニは1等3000万円、1等の前後賞を合わせると5000万円です。

 

では1等の当選確率を知っていますか?

 

へなこさん
えええ?どのくらいの確率ですか?

 

ハロウィンジャンボ宝くじの1等の当選確率はなんと1000万分の1なんです。

 

へなこさん
何か想像できない数字ですね…

 

1等前後賞だけですと500万分の1で当選確率は1等の2倍になります。

 

ちなみにハロウィンジャンボミニの1等の当選確率は250万分の1です。

 

ハロウィンジャンボミニはハロウィンジャンボ宝くじと比較すると1等の当選金額は約10分の1ですが当選確率は4倍です。

 

へなこさん
こうなってくるとどっちがいいのかもうわかりませんね。

 

いずれにしても当選確率はかなり低いことには変わりありません。

 

しかし多くの人が宝くじを購入します。

 

宝くじつについて詳しい情報を知りたい方はこちら(宝くじ公式サイト)からご覧ください。

 

へなお
ちなみに宝くじはネット購入できます。

 

詳細は公式サイトにてご確認下さい。

 

へなこさん
宝くじは夢をお金で買うんですよ。

 

よく言ったものだと思います。

 

なぜ人は当たらないとわかっていても宝くじを買うのでしょうか?

 

へなお
そのなぞを脳科学で解き明かします。

 

宝くじは期待効用を利用したゲームです

七福神-2-min

一般的に宝くじを購入した人の平均金額は25000円くらいと言われています。

 

宝くじは一般的には1枚300円ですから(いろいろな宝くじがありますが…ここでは300円としましょう)だいたい80枚くらい購入している計算になります。

 

へなこさん
結構みなさん購入していますね。

 

しかし当選すればその金額は一気に跳ね上がります

 

期待効用-その1

宝くじ1枚300円と低額であることとどこでも購入できる手軽さから宝くじを購入することに対する損失感は低く見積もられがちです。

その一方で当選したことよって得られる利益は非常に高く脳は宝くじを簡単に手に入る割に期待感が高くとても価値の高いものと考えるのです。

このような脳の働きを期待効用と言います。

 

人が宝くじを買う理由はこの期待効用にあります!

 

へなこさん
なんかわかったようなわからないような…

 

期待効用に関してはさまざまな研究が行われていますので解説しますね。

 

へなお
簡単なゲームをしましょう。

 

あなたにはAとBという2つの選択肢があります。

Aを選ぶと必ず100円もらえます。

Bを選ぶとくじを引いてもらい50%の確率で500円もらえますが50%の確率で0円になります。

あなたはどちらを選びますか?

 

この場合は多くの人がBを選びます

 

数学的にAでもらえるのは100円Bでもらえるのは平均すると250円です。

 

期待される金額はBの方が高くなります。

 

そのため脳はBの方がより魅力的と感じ期待効用が働きBを選択するのです。

 

脳は一か八かでもBを選択する方が得策と感じるのです。

 

”一か八かの賭けの脳科学”についてはこちらの記事もご参照ください。

こちらもCHECK

不確実-A2
目の前の確実な利益かそれとも未来の不確実な勝負か~一か八かの賭けを脳科学で探る

あなたは目の前の確実な利益を選びますか?それとも未来の不確実な勝負を選びますか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医と ...

続きを見る

 

脳は自分の損失が少ない場合には好んでギャンブル性を求めます

 

脳の中の“後帯状皮質”という部分がリスクを感知しています。

 

期待効用-その2

後帯状皮質がこの程度のリスクなら危険性は低いと判断すると期待効用はより多くの報酬を求める方へと働くのです。

まさに宝くじがこれに当てはまります

 

もう1つゲームをしてみましょう。

 

もらえる金額が変わったらどうなるでしょう。

 

あなたにはAとBという2つの選択肢があります。

Aを選ぶと必ず100万円もらえます。

Bを選ぶとくじを引いてもらい50%の確率で500万円もらえますが50%の確率で0円になります。

あなたはどちらを選びますか?

 

こうなるとどうでしょうか?

 

もらえる金額が1万倍になりました。

 

しかし割合は先ほどのゲームと同じままなので期待される金額はAは100万円、Bは250万円でBの方が高いままです。

 

しかし結果はAを選択する人が多くなるのです。

 

最初のゲームではもらうことが期待される金額はBの方が高いので当然Bを選びます

 

しかし2番目のゲームではもらえる金額が大きくなると選択に失敗して利益が減るよりは危険を回避して安全性を重視し確実な結果を求めるようになります。

 

100円と100万円では全然違うと脳は感じるのです。

 

期待効用-その3

結果の期待値が大きくなると人はリスクを避けて安全性を求めるようになります。

後帯状皮質がリスクが高いと感知すると期待効用はより多くの報酬を求めるのではなく安全な方へと働くのです。

 

金額の大きさによって脳は期待効用を巧みに操ってわれわれの行動をより良い方向へとコントロールしてくれているのです。

 

期待効用の落とし穴

七福神-3-min

脳は巧みに期待効用を操っているのですが期待効用にも落とし穴があります。

 

今までの例のような単純な話ですと脳はうまく働きます。しかし、

 

期待効用-その4

話がややこしくなってくると時に脳はバグをおこして期待効用を誤作動させてわれわれを誤った方向へ導いてしまうことがあります。

 

今までの話は最終的に報酬が得られる展開でしたが逆に損をする話ではどうでしょう。

 

あなたにはAとBという2つの選択肢があります。

Aを選ぶと必ず100万円損をします。

Bを選ぶとくじを引いてもらい50%の確率で500万円損をしますが50%の確率で損失は0円になります。

あなたはどちらを選びますか?

 

予想される損失はAは100万円、Bは平均すると250万円です。

 

先ほどの話では期待効用は金額が大きくなると選択に失敗して利益が減るよりは危険を回避して安全性を重視し確実な結果を求めるようになるはずです。

 

したがって当然Aを選ぶ人が増えるはずです。

 

しかし実際はBを選択する人が圧倒的に多いのです。

 

脳はリスクを背負ってでも損はしたくない方を選ぶのです。

 

もっと複雑なゲームを考えてみましょう。

 

あなたにはAとBという2つの選択肢があります。

Aを選ぶとくじを引いてもらい50%の確率で100万円もらえますが50%の確率で0円になります。

Bを選ぶとくじを引いてもらい25%の確率で500万円もらえますが75%の確率で0円になります。

あなたはどちらを選びますか?

 

期待されるもらえる金額はAは50万円、Bは125万となります。

 

結果は多くの人がBを選びます

 

これは先ほどの2番目のゲームでお金のもらえる確率を半分にしただけです。

 

しかし脳の出した答えは先ほどとは逆になっています。

 

2番目のゲームではAは確実に100万円をもらえていました。

 

しかし今回のゲームではAを選択してもそれなりのリスクがあり0円になる可能性があります。

 

そうなると後帯状皮質はどちらを選択してもリスクがあるのであれば期待効用はより多くの報酬を求める方へと働くのです。

 

期待効用-その5

損失を招く可能性がある場合利益の発生に複雑さが加わると脳は一種のバグを起こして期待効用の理論通りには働くなります

 

最終的にどちらの選択が正しいのかはわかりません。しかし、

 

宝くじ恐るべし

脳はどちらかと言うと損をすることを嫌う一方で多少リスクを背負ってもより多くの報酬を求めるように働くことは間違いなさそうです。

そのような意味では宝くじは一見すると単純そうなゲームですが、脳を絶妙に刺激する考えつくされた策略なのです。

 

購入した宝くじが全部外れる可能性もあります。

 

何枚か当たったとしても元がとれず結局は損をしてしまうことも多いでしょう。

 

しかしその程度のリスクに比べれば宝くじで1等が当たった時の報酬の方がはるかに大きく期待効用は宝くじを買う方へとなびいているのです。

 

みなさんの宝くじが1枚でも多く当たっていることを心から祈っています。

 

運気が少しでも上がるためにこちらの記事もご参照ください。

こちらもCHECK

幸運のおすそ分け-A1
【超簡単で即効性あり】『2021年』あなたの運気を上げる方法~幸運のおすそ分けの脳科学

超簡単で即効性のある運気を上げる方法ってありますか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳の病気 ...

続きを見る

こちらもCHECK

運気と男性ホルモン-A1
運気が上がるおまじないと男性ホルモンの関係~運気を脳科学で説く

運気が上がるおまじないなんて本当にあるの? 運気は男性ホルモンと関係しているの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医と ...

続きを見る

 

へなお

ちなみに自分はハロウィンジャンボミニを買う予定です!

宝くじはネット購入できます。

 

詳細は公式サイトにてご確認下さい。

 

あなたのまわりには高額当選を経験された方っていますか?

 

高額当選するとこんな世界が待っている…そんな本です。

 

高額当選した時のためにぜひ読んでみてください。

 

 

”当たる確率が低いのに宝くじを買う理由”のまとめ

まとめ-conclusion1-N1

当たる確率が低いのに宝くじを買う理由について脳科学的に解説しました。

今回のまとめ

  • 宝くじを買うのは少ないリスクで高い報酬を得られると脳が判断する期待効用の効果です。
  • 期待効用はさまざまな場面で登場しますが話が複雑になると脳は時々バグをおこします。
  • 宝くじは脳を絶妙に刺激する考えつくされた策略です。
  • みなさんの宝くじが1枚でも多く当たることを心から祈っています。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

今後も長年勤めてきた脳神経外科医の視点からあなたのまわりのありふれた日常を脳科学で探り皆さんに情報を提供していきます。

 

最後にポチっとよろしくお願いします。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

へなお

▶脳神経外科専門医でアラフィフおじさんの「へなお」です。▶日々脳の手術、血管内治療、放射線治療を中心に某総合病院で勤務医をしています▶一般の方でも脳についてわかりやすく理解していただけるように、あなたのまわりのありふれた日常を長年の経験からつちかった情報をもとに脳科学で探っていきます▶多くの方に脳に興味をもっていただき、少しでもこれからの生活の役に立つ知識をつけていただければと思います!

おすすめ記事

ハロウィンジャンボ-A2 1

宝くじって当たる確率が低いってわかっているのになぜ多くの人は宝くじを買うのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科 ...

デジャヴ-A6 2

「これって前に見たことあるような気がするけど気のせい?」…そんな経験したことありませんか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神 ...

サウナでととのう-A2 3

「サウナでととのう」とは脳科学的にどのような意味や方法や効果があるのでしょうか??   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医 ...

がんばれ-A4 4

大事な試験や試合の時に“頑張れ”って応援するのは相手にプレッシャーをかけて苦しめてつらくさせるだけで逆効果なの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。 &nbsp ...

フードファイター-A3 5

大食いのフードファイターはなぜあんなにたくさん食べられるの? なぜ太らないの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医とし ...

モノクロ-A2 6

モノクロの世界の意味と魅力ってどこにあるの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳の病気と向き合 ...

パワーナップ-A5 7

昼ごはんを食べると眠くなるけどお昼寝すると午後の仕事の効率アップにつながるの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医とし ...

じゃんけん-A5 8

じゃんけんで勝つための必勝法って何でしょう? じゃんけんの勝率を上げるにはどうすればよいのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブロ ...

雷恐怖症-A1 9

雷が怖いんですけど克服する方法ってあります?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳の病気と向き合 ...

-日常の脳科学, 脳を科学する
-, , , ,

© 2021 殻に閉じこもった脳神経外科医が行く Powered by AFFINGER5