脳を科学する 自己の脳科学

リーダーに求められる資質と素質とは何か?リーダーシップ論を脳科学で探る

リーダー-A1

リーダーに求められる資質と素質ってなに?

 

そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。

 

このブログでは脳神経外科医として20年…多くの脳の病気と向き合い手術、放射線治療を中心に勤務医として働いてきた視点から、日常の様々なことを脳科学で解き明かし解説していきます。

 

基本的な知識についてはネット検索すれば数多く見つかると思いますので、ここでは自分の実際の経験をもとになるべく簡単な言葉で説明していきますね。

 

この記事を読んでわかることはコレ!

  • リーダーシップ論を脳科学で説き明かします。

 

リーダーシップの一般論

リーダー-1-min

リーダーシップの脳科学

  • リーダーには「目的」「目標」「フィードバック」「支援」「奨励」の5つの要素が求められます。
  • リーダーになればあなたの持つ資質や素質が開花しきっと立派なリーダーシップを発揮できます。
  • リーダーシップ論の真髄はメンバーを信じる愛にあります。

あなたが求めているリーダーシップとはどんなものですか?

あなたにとって最も尊敬すべきリーダーは誰ですか?

 

へなお
そんな質問にあなたならどう答えますか?

 

リーダーに求められるリーダーシップについてはさまざまな議論がなされています。

 

ちょっと調べれば多くの意見が出てきます。

 

へなじんさん
自分なんてリーダーにはむいてないしリーダーになることなんてないさ…

 

なんて思ってませんか?

 

しかし仕事でもプライベートでも何かしらの「チーム」に入っていればいつリーダーに指名されるかわかりません。

 

いくら優れた能力を持っていてもリーダーになれるわけではありません。

 

リーダーに求められることはチームのメンバーの「個」を尊重しつつもチームとしての統率をとりながら先導してしくことです。

 

へなお
まずはリーダーシップの一般論を学んでいきましょう。

 

リーダーに求められるものはたくさんありますがよく言われるのが「目的」「目標」「フィードバック」「支援」「奨励」の5つの要素です。

 

まずは『目的』です。

 

チームが存在するにはそこに何か達成すべき「目的」があるはずです。

 

目的はチームそのものの存在理由にもつながりますがまずはそこをしっかりとメンバーに認識してもらうことが大切です。

 

どんなチームにおいても社会から高く評価されることを誰もが望んでいます。

 

ですから今自分たちが成し遂げようとしていることが最終的には社会貢献につながりそして自分たちの評価を高めることになることを認識すべきです。

 

メンバーの個々が目的をしっかり理解できるようになればリーダーの言葉や行動はメンバーの心にきっと届きます。

 

そのためにもリーダーには責任ある言葉や行動が求められます。

 

ですからリーダーは誰よりもしっかりと時間と手間をかけて仕込みをして準備を整える必要があります。

 

へなお
仕込みに手を抜くようではリーダーシップは発揮されません。

 

2つ目は『目標』です。

 

つらいことや楽しくないことや関心がないことは誰もやりたくないですし反発や意欲の低下を生み出します。

 

このような状況ではチームはバラバラになってしまいますし逃げだす人も出てくるかもしれません。

 

そんな時に重要となってくるのが「目標」です。

 

目標を達成することで得られる快感を理解してもらうのです。

 

脳は快感が大好きです。

 

”快感の脳科学”についてはこちらの記事をご参照ください。

 

こちらもCHECK

脳内妄想-A2
“Get Wild退勤”で仕事の達成感を得る!脳内妄想を脳科学で説く

”Get Wild退勤”で仕事の達成感を得るってどういうことなの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年…多 ...

続きを見る

 

今はつらくても道の先に快感が待っている思えれば頑張れるものです。

 

チームとしての目標のみならず個人の目標もしっかり明示してあげることが大切です。

 

とは言ってもたとえばトラブルが発生したり思わぬ邪魔が入ったりして目標はそうたやすくは達成されません。

 

するとまたしても脳は言い訳や逃げ道を探し出します。

 

へなお
そんな時こそリーダーの出番です。

 

逃げ出そうとするメンバーの脳を軌道修正するためのスパイスを与えてあげるのです。

 

無理やりの方向転換は危険です。

 

目標が達成できないからと言って頭ごなしに叱ったり無理な目標を押し付けたりするのではなくメンバーが自主的に目標に達成できるように誘導してあげることが大切です。

 

他人に言われるよりも「自分で考えた」と思うとやる気が出るものです。

 

”やる気の脳科学”についてはこちらの記事をご参照ください。

 

こちらもCHECK

やる気-A1
やる気を出してモチベーションを上げる方法を教えます~マズローの欲求の法則における内発的動機づけを脳科学で探る

やる気を出してモチベーションを上げるにはどうしたらいいの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年…多くの脳の ...

続きを見る

 

リーダーは自分がチームの目標を設定するのではなくメンバーが自ら自分の目標を設定するように仕向けてやることこそが重要なのです。

 

3つ目は『フィードバック』です。

 

目的を理解し目標に向かって突き進んでいる時に大切なのが「フィードバック」です。

 

自分の歩んで来た道、これから歩むべき道が間違えていないかを確認する作業がフィードバックです。

さらにはフィードバックして得られた情報を今後の活動に役立てようとする「予測に基づく行動=フィードフォワード」にもつながります。

 

フィードフォワードによって当初考えていたものとは違う新たなアルゴリズムが生まれることもあるでしょう。

 

過去のアルゴリズムにとらわれることなくフィードバックから得られた予測力を活用して目標までの地図を書き換えていくこともリーダーに求められる役割です。

 

フィードバックをおろそかにすると時には時代遅れの誤った道を進むことになりメンバーを路頭に迷わせてしまいます。

 

へなお
しかしなにも難しいことを考える必要はありません。

 

「もうちょっとこうしたらいいんじゃないの?」くらいの言葉でも大いに効果は発揮されます。

 

言い換えればリーダーの言葉はそれくらい大きな意味を持っているのです。

 

4つ目は『支援』です。

 

リーダーからのアドバイスは実際の業務だけでなく精神的な「支援」になります。

 

リラックスして持ち前の能力を発揮するにはそれなりの環境整備が必要になります。

 

ストレス、健康状態なども当然影響を及ぼします。

 

適度で心地よい緊張感と集中力を保てる状況を作るための支援はリーダーにとって大切な役割です。

 

ただのお手伝いや指導による支援だけでなく支援の字のごとく「支える」「援ける」という意識を持った支援こそがリーダーに求められます。

 

最後は『奨励』です。

 

脳は自分の行動や発言に対してご褒美がもらえると脳内ホルモンが分泌されて快楽を得ます。

 

快楽は次へのモチベーションにもなります。

 

「奨励」は「強化」とも呼ばれます。

 

つまり「うまくいった」やり方を実行する回路を太く強化するのです。

 

強化学習は新たな学習のアルゴリズムとして注目されています。

 

強化はAIにも取り入れられています。

 

”AIの脳科学”についてはこちらの記事をご参照ください。

 

こちらもCHECK

AIと人間-A1
人工知能(AI)は人間の脳を超えるのか?~AIができることを脳科学で探る

人工知能(AI)は人間の脳を超えることができるのでしょうか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年…多くの脳 ...

続きを見る

 

へなお
ただしやみくもに褒めるだけではいけません。

 

個々の才能や正確には決して言及せず「やり方=方法論」にフォーカスを当てて才能を伸ばす手助けをしてあげるのです。

 

個人の変えがたい動かしがたいものに焦点をあてても何も得することはありません。

 

へなお
最終的に脳を活性化させ元気づけるのは愛に他なりません。

 

リーダーシップの脳科学

リーダーに求められる5つの要素である「目的」「目標」「フィードバック」「支援」「奨励」について説明してきましたがチーム全体のみならずチームを構成する個人への愛を持つことこそがリーダーに求められる資質であり素質なのです。

 

動物からリーダーシップ論を学ぶ

リーダー-2-min

ここまでは一般的なリーダーシップ論について説明してきました。

 

へなお
ここからは動物から学ぶリーダーシップ論について探ってみましょう。

 

多くの動物は群れをなして行動し生活しています。

 

動物の集団行動は眺めているだけでも壮観であり美しいですがそこには合理性や効率性も備わっていて私たち人間の生活や仕事にたくさんのヒントを与えてくれます。

 

動物を長時間モニターすると思いがけないことが見えてきます。

 

たとえばある種の渡り鳥はヨーロッパからアフリカ大陸の最南端まで気の遠くなるような距離を毎年往来しています。

 

飛行経路だけでなくどこで食事をとりどこで繁殖しどこで群れが合流・分裂をするのかも決まっています。

 

火山の山腹に生息するヤギの群れは噴火の数時間前に危険域からうまく逃げ出します。

 

なぜ災害を予知できるのかは解明されていませんがわずかなガスの臭いを感じ取るのかもしれません。

 

そのような動物の不思議な行動は多くのことを教えてくれます。

 

当然リーダーシップ論も学ぶことができます。

 

ハトの行動解析を行った研究をご紹介しましょう。

Pettit B, et al, Curr Biol 25(23):3132-7. doi: 10.1016/j.cub.2015.10.044, 2015

 

ハトのリーダーは仲間を効率よく率いることが知られています。

 

ただしどのようにして優秀なリーダーが選ばれるのかは謎でした。

 

研究では群れのメンバーすべてのハトにGPSを装着しリーダーが選ばれる過程を観察しました。

 

すると意外なことに群れができた当初は引率能力の高い個体がリーダーとして選ばれる傾向はみられませんでした。

 

むしろ飛翔能力の高いハトがリーダーとなる傾向がありました。

 

つまりリーダーは「選ばれた」のではなく単に早く飛ぶからハトが先頭に立ってリーダーになってしまっただけなのです。

 

ところが先頭に立つ機会の多いリーダーとなったハトは次第に効果的な経路を選ぶ能力が高まってくるのです。

 

『必要は発明の母』

 

なんて言葉がありますがまさにその通りです。

 

群れを先導する回数が多ければ多いほどリーダーシップを発揮しなければならない機会も必然的に多くなります。

 

1週間も先導を任されるだけで精度の高い経路を習得する力は身に付きます。

 

一方でリーダーについていくだけの仲間たちにはこれといった能力の向上は見られません。

 

『地位がヒトを作る』

 

とはよく言ったものです。

 

置かれた立場がその人の能力をそれ相応に高めてくれるという社会原理はなにもハトだけでなく人間にも当てはまります。

 

リーダーシップの脳科学-その1

自分にリーダーとしての資質や素質があるかないかを悩むよりもリーダーに選ばれたのであれば精一杯リーダーシップ論を学び自分の資質や素質を高めていけばよいのです。

 

そうすれば自ずとリーダーとしての道は開けてくるはずです。

 

さらに動物からリーダーシップ論を学ぶ

リーダー-3-min

動物からはまだまだたくさんのリーダーシップ論を学ぶことができます。

 

群れをなす動物は集団の進むべきルートをどう見定めているのでしょう。

 

動物の集団行動からリーダーシップ論を調べた研究をご紹介しましょう。

Couzin ID, et al, Nature 433(7025):513-516. doi: 10.1038/nature03236, 2005

 

へなお
「効率的なリーダーシップ」というなんとも魅力的なタイトルのついた論文です。

 

群れをなす動物には正しい知識を持ったリーダーが少数いることが知られておりこうした優等個体が集団をけん引しています。

 

先ほどの項目でもご紹介しましたが自然と群れの先頭に立ち気付いたらリーダーになっていた個体です。

 

へなお
ただ不思議なのは正しい知識はどのように群れ全体に伝わるのでしょうか?

 

へなお
そもそもメンバーたちは「誰が正しい知識を持っているのか」をどのようにして識別しているのでしょうか?

 

現在では高速なコンピュータに個々の動物の行動癖のプログラムを組み込むことで集団行動のパターンを再現することが可能です。

 

計算結果によれば集団に占める「正しい知識を持った個体」の割合が増えるほど群れは正しい進路をとることができます。

 

へなお
これは当然のことと言えるでしょう。

 

しかし意外なことに知識個体率が同じ場合…たとえば10%のメンバーが正解を知っている時などでは集団の規模が大きいほど群れは正解にたどり着きます。

 

へなお
こうしたところに動物が巨大な群れを成す理由があるのかもしれません。

 

さらにおもしろいことに知識層のメンバーが正解にあまり固執すると集団は分裂崩壊してしまうのです。

 

リーダーは確固たる意図をあえて明示せずに一見曖昧な行動をした方が結果として集団を正しい方向に導くことができるのです。

 

ここにはやはりメンバーを信じるリーダーの愛があるのではないでしょうか。

 

へなお
リーダーに求められるのはまさにこの点に尽きると言えます。

 

リーダーシップの脳科学-その2

チームのメンバーの脳を活性化し効率の良い行動や発言を導き出すにはメンバーの成長を信じる誠実なリーダーの愛こそがリーダーシップ論の真髄なのでしょう。

 

へなお
あなたももっとリーダーシップについて学んでみませんか?

 

 

 

 

“リーダーシップの脳科学“のまとめ

まとめ-conclusion1-N1

リーダーシップ論を脳科学で説き明かしてみました。

 

今回のまとめ

  • リーダーには「目的」「目標」「フィードバック」「支援」「奨励」の5つの要素が求められます。
  • リーダーになればあなたの持つ資質や素質が開花しきっと立派なリーダーシップを発揮できます。
  • リーダーシップ論の真髄はメンバーを信じる愛にあります。

今回の記事がみなさんに少しでもお役に立てれば幸いです。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

今後も『脳の病気』、『脳の治療』、『脳の科学』について現場に長年勤めた脳神経外科医の視点で皆さんに情報を提供していきます。

 

最後にポチっとよろしくお願いします。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

へなお

▶脳神経外科専門医でアラフィフおじさんの「へなお」です。▶日々脳の手術、血管内治療、放射線治療を中心に某総合病院で勤務医をしています▶一般の方でも脳についてわかりやすく理解していただけるように、あなたのまわりのありふれた日常を長年の経験からつちかった情報をもとに脳科学で探っていきます▶多くの方に脳に興味をもっていただき、少しでもこれからの生活の役に立つ知識をつけていただければと思います!

おすすめ記事

ドリームジャンボ2021-A3 1

宝くじって当たる確率が低いってわかっているのになんで買うんでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年… ...

じゃんけん-A3 2

じゃんけんで勝つ確率って上げられるの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年…多くの脳の病気と向き合い手術、 ...

自己責任-1 3

ストレスに満ちた自粛しながらの生活の中で自己責任ってどんな意味があるの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20 ...

メラビアンの法則-A2 4

第一印象は見た目で決まるって本当なの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年…多くの脳の病気と向き合い手術、 ...

がんばれ-A4 5

大事な試験や試合の時に“頑張れ”って応援するのは相手にプレッシャーをかけて苦しめてつらくさせるだけで逆効果なの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。 &nbsp ...

-脳を科学する, 自己の脳科学
-, , ,

© 2021 殻に閉じこもった脳神経外科医が行く Powered by AFFINGER5