サウナの脳科学 脳を科学する

【サウナの脳科学】どんな快楽も3か月すると飽きてしまうのはなぜなのか?快楽の踏み車効果を脳科学で探る

踏み車-A2

どんな快楽も3か月すると飽きてしまうのはなぜなのでしょう?

 

そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。

 

このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳の病気と向き合い勤務医として働いてきた視点から、日常の様々なことを脳科学で解き明かし解説していきます。

 

基本的な知識についてはネット検索すれば数多く見つかると思いますので、ここでは自分の実際の経験をもとになるべく簡単な言葉で説明していきます。

 

この記事を読んでわかることはコレ!

どんな快楽も3か月すると飽きてしまう「快楽の踏み車効果」を脳科学で説き明かします。

 

サウナブームはいつまで続く?

踏み車-1-min

快楽の踏み車効果の脳科学

  • 脳にはどんな快楽も3か月すると飽きてしまう「快楽の踏み車効果」がプログラムされています。
  • 「快楽の踏み車効果」は人類が生き延びていくためには欠かせない機能ですが、現代では不安や不幸を増幅させるだけのやっかいな機能にすぎません。
  • 「快楽の踏み車効果」に関する知識を身につけて、正しく対処することで、飽きの来ない素敵なサ活を楽しんでください。

現代の日本では第3次サウナブームによって多くの施設がにぎわっています。

 

“サウナブームの脳科学”についてはこちらの記事もご参照ください。

サウナブーム-A2
参考【サウナの脳科学】なぜ今サウナは人気なのか?サウナブームを脳科学で探る

なぜ今サウナはこれほどまでに人気でブームを巻き起こしているのでしょうか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20 ...

続きを見る

 

サウナの醍醐味(だいごみ)は何と言っても、サウナトランス=「サウナでととのう」でしょう。

 

温かいサウナと冷たい水風呂、休息タイムを繰り返す温冷交代浴では徐々に体の感覚が鋭敏になってトランスしたような状態になっていきます。

 

トランス状態になると、頭からつま先までがジーンとしびれてきてディープリラックスの状態になり、得も言われぬ多幸感が訪れます。

 

これがいわゆるサウナトランスであり、そして「サウナでととのう」の状態です。

 

”サウナでととのうの脳科学”についてはこちらの記事もご参照ください。

サウナでととのう-A3
参考【サウナ好き必見】「サウナでととのう」の意味、方法、効果を脳科学で探る

「サウナでととのう」とは脳科学的にどのような意味や方法や効果があるのでしょうか??   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医 ...

続きを見る

 

サウナ―達は至高のサウナトランスを味わうためにサウナに通うわけです。

 

へなお
では多くのサウナ施設で“ととのう”が流行っていますが、このサウナブームはいったいいつまで続くのでしょう?

 

みなさんは、何かに満足したり幸福感や快楽を感じたりした時、どのくらいその感情が持続しますか?

 

逆に言えば、どのくらいで飽きがくるでしょうか?

 

脳にはどんな満足や幸福を感じても、すぐにその状況に慣れてしまい、「もっといいことはないか」とさらなる快楽を求めてしまう…という傾向があります。

 

これを「快楽の踏み車効果」と呼びます。

 

脳はしばらくすると飽きてしまい、さらなる快感を求めてしまいます。

 

この原理からすると、いつかはサウナブームは終息していくのかもしれません。

 

へなお
それではどんな快楽も3か月すると飽きてしまう「快楽の踏み車効果」を脳科学で探っていきましょう。

 

「快楽の踏み車効果」のワナ

踏み車-5-min

快楽の踏み車効果

『快楽の踏み車効果』

「あることで一度満足すると、次に同じことを体験しても、人は満足することができない」という心理学用語。

ホイールの中を走るハムスターが決して前に進めないのと同じように、人間の喜びも同じ位置にとどまり続ける心理学的側面を表した言葉。

 

アメリカの社会心理学者であるデヴィッド・G.マイヤーズは、人間の幸福感について調査をして、

 

「情熱的な愛、精神的な昂(たかぶ)り、新しい所有の喜び、成功の爽快感など、すべての望ましい経験はいずれもそのとき限りのものである。この点はいくら強調しても足りない。」

 

と報告しています。

 

つまり世間一般の人が思う幸せは、一瞬のものであり長くは続かない…これこそが「快楽の踏み車」です。

 

へなお
あまりピンと来ない方のために、もっと簡単に説明しましょう。

 

たとえば宝くじで1億円が当たったとしましょう。

 

“宝くじの脳科学”についてはこちらの記事もご参照ください。

年末ジャンボ2022
参考【2022年】年末ジャンボ宝くじの当選確率は?当たる確率が低いのになぜ宝くじを買うのか?

宝くじって当たる確率が低いってわかっているのになぜ多くの人は宝くじを買うのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科 ...

続きを見る

新宝くじ-A1
参考ジャンボ宝くじの当選金額と当選確率の不思議な関係~確率無視のワナを脳科学で探る

ジャンボ宝くじの当選金額と当選確率はどちらを重視すべきなのでしょうか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年 ...

続きを見る

 

あなたはどんな気分になりますか?

 

そしてその気分はどのくらいの時間保たれますか?

 

政治でも経済でも社会でも日常生活でも、どんな分野においても、脳は「予測」をすることがとても苦手です。

 

専門家の予測でも、素人が適当に数字を選んだ予測でも、最終的に正解率はそれほど変わらないとさえ言われています。

 

“予測の脳科学”についてはこちらの記事もご参照ください。

予測-A1
参考専門家の予測は外れて当たり前?「予測」を脳科学で探る

専門家の予測はなぜ外れてばかりで当たらないのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳の病 ...

続きを見る

 

では自分の感情くらいは自分でちゃんと正しく予測できるものなのでしょうか?

 

宝くじで1億円が当たったら、ずっと幸せを感じていられるのでしょうか?

 

アメリカのハーバード大学の心理学者が宝くじの当選者を調査した結果、当選した時の幸福感は平均して3か月で消えてしまうという報告をしています。

 

宝くじで1億円を手に入れても、3か月後にはあなたはそれ以前に感じていたのと同程度の幸せ、あるいは不幸せを感じるようになるというのです。

 

たとえば宝くじで手に入れた1億円で、騒がしい街中を離れ、郊外に新居を建てたとしましょう。

 

夢のような豪邸には、寝室がいくつもあり、素敵なサウナ、プールも完備しています。

 

広々とした庭からの景色は最高で外気浴をするにはもってこいの環境です。

 

これ以上ない新居に何の不満があるでしょう?

 

しかし新居に引っ越して幸せいっぱいの時間はそう長くは続きません。

 

時間がたつにつれて満足感は徐々に減っていき、3か月後には満足感は完全に消失し、せっかくの豪邸も特別なものではなくなってしまうのです。

 

さらに不満までで始めます。

 

郊外にある豪邸から職場までは車で1時間もかかります。

 

ある調査によれば、通勤の手段として自家用車を利用する場合がもっとも不満が大きく、時間が経っても慣れることはない…と言われています。

 

豪邸のサウナは手入れが大変で、わざわざサウナを準備するのであれば、今まで通い慣れたサウナの方がよほど快適です。

 

このようにして最初は幸せで満ち溢(あ)ふれていた豪邸は、結果的にあなたの人生においてマイナスでしかなくなってしまうのです。

 

へなじんさん

こんな話は信じられない…

自分なら幸せいっぱいで豪邸に住み続けるのに…

 

そのように思う人もいるでしょう。

 

しかしどんな快楽も3か月もすると「快楽の踏み車効果」によって飽きてしまうように、脳はプログラムされているのです。

 

 

「快楽の踏み車効果」が存在する理由

踏み車-2-min

ではなぜ脳には「快楽の踏み車効果」といったやっかいなものがプログラムされているのでしょう?

 

なぜ人間は永遠に満たされることのない欲望とイタチゴッコを繰り返さなければいけないのでしょう?

 

「快楽の踏み車効果」が存在する理由を一言で言えば、人類が未来永劫(みらいえいごう)繁栄して遺伝子をたやさないためです。

 

脳は幸せに慣れてしまうと、「無理しなくてもいい」「自ら苦痛を選択する必要はない」とより楽な現状維持を選ぶように仕組まれています。

 

“現状維持バイアスの脳科学”についてはこちらの記事もご参照ください。

現状維持-A1
参考【今のままが一番イイ】現状維持は退化であり後退なのか?「現状維持バイアス」を脳科学で探る

挑戦して失敗するくらいなら最初から挑戦しない方がイイ…なんて思ってませんか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として ...

続きを見る

 

古代においては、人間は現状に満足して獲物を捕らえたり植物を採取したりするなどの食糧確保をせず過ごしていれば、やがて飢餓(きが)におちいり生き残ってはいけませんでした。

 

そのため、脳は常に現状に満足せず、「足りない」、「満たされない」と喚起(かんき)し続けました。

 

危険だと思うからこそ、不安だと思うからこそ、次を考えて行動できるのです。

 

ですから「快楽の踏み車効果」は、人類が生き延びていくためには欠かせないプログラムだったのです。

 

しかし現代において「快楽の踏み車効果」は、時に不要の産物となっています。

 

わざわざ手に入れた快楽を3か月程度で飽きてしまうシステムなんて、無駄なプログラムに他なりません。

 

なぜなら「足りない」、「満足できない」と思う感情は一般的に不幸なものだからです。

 

現代社会において生きづらいと感じる原因の多くは、「快楽の踏み車効果」のように人類が絶滅せずに生きながらえるように人間の脳に組み込まれたデフォルトの設定によるものです。

 

アメリカのある研究によれば、多くの人は余計な心配を抱えながら生きていると報告しています。

 

何かに不安を抱いている人の心配事の85%は実際には起きなかった。

 

心配事が現実になった場合でも、そのうち79%は予想より良い結果であった。

 

心配事が予想よりも悪く終わるのは全体の約3%にすぎなかった。

 

つまり、心配事の97%は最初から杞憂(きゆう)であり、脳が勝手に不幸を増幅しているにすぎないわけです。

 

しかしそのようなことがわかっていても、脳は現状に満足せずに飽きてしまうのです。

 

へなお
脳とはなんとも不思議なものですね。

 

 

「快楽の踏み車効果」から逃れる方法

踏み車-3-min

どんな快楽でも、良いことがあっても、すぐにその状況に慣れて飽きてしまい「もっといいことはないか」とさらなる快楽を求め始めてしまう…そんな「快楽の踏み車効果」に脳は縛(しば)られています。

 

ですから、たとえどんなに素晴らしいサウナに出会ったとしても、3か月も通い続けていると飽きてきて、「もっといいサウナはないのか…」と探し求めてしまうのです。

 

では「快楽の踏み車効果」から逃れて飽きることなく生きていくことは可能なのでしょうか?

 

先ほどもご説明したように、「快楽の踏み車効果」は人間の脳に組み込まれたデフォルトの設定によるものですので、完全に断ち切って逃れることは難しいでしょう。

 

しかし少しでも長く飽きることなく快楽を感じ続けるためのヒントは存在します。

 

そのいくつかをご紹介しましょう。

 

 

「快楽の踏み車効果」を知っておく

どんなことでもまずは知識を身につけることです。

 

”知識を身につける方法の脳科学”についてはこちらの記事もご参照ください。

知識-A1
参考効率的に知識を身につけて頭が良くなる方法を脳科学で説く

効率的に知識を身につけて頭が良くなる方法って何かありますか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年…多くの脳 ...

続きを見る

 

たとえわずかな知識でも知っているのと知らないのとでは大違いです。

 

たとえどのようなことでも最初に満足や幸福を感じていても、3か月すれば飽きてしまい、さらなる快感を求めるものであって、それは自分が悪いわけでも他人が悪いわけでもありません。

 

いわば自然の摂理です。

 

ですからたとえ今までお気に入りであったサウナに飽きてしまい、他のサウナを探し求めても誰も何も悪いことはないのです。

 

 

「快楽の踏み車効果」をうまく利用する

「快楽の踏み車効果」を知っていれば、快楽を感じていられる期間があとどれくらいなのかの見当をつけることができます。

 

つまりポジティブ思考で考えれば、飽きるまで3か月も猶予(ゆうよ)があることになります。

 

ですからそのあいだに何か手を打てばいいわけです。

 

何もしなければほぼ確実に飽きがおそってきます。

 

たとえば、サウナの施設によっては、少なくとも3か月1度は何かイベントを催(もよお)したり、新しいグッズを発売したり…と変化をつけて飽きが来ないように仕掛けてきます。

 

変化があれば、またそこから新たな3か月が始まるわけですから、最終的にはいくら通い続けても飽きがこないことになります。

 

ですからこのような施設は脳科学的にはとても良い施設と言えるでしょう。

 

へなお
自分のホームサウナである「COCOFUROたかの湯」では少なくとも3か月に1回は何らかのイベントが行われています!

 

”COCOFUROたかの湯の脳科学”についてはこちらの記事もご参照ください。

ミュージックロウリュ-A1
参考【サウナの脳科学】COCOFUROたかの湯のミュージックロウリュを勝手に脳科学で探る

COCOFUROたかの湯のミュージックロウリュはなぜ多くのサウナ―を惹きつけるのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神 ...

続きを見る

 

へなお
脳は単純ですから簡単にバグを起こしますので、「快楽の踏み車効果」をうまく利用しない手はないわけです。

 

 

「快楽の踏み車効果」を発動させない

「快楽の踏み車効果」は最初に満足や幸福を感じることから始まります。

 

つまりそこから3か月というカウントダウンが始まるわけです。

 

ですからいくら至高のサウナトランスを体感したからといって、その施設に通い続ければ3か月後にはほぼ間違いなく飽きが訪れます。

 

それを逆手にとるならば、その施設に通い続けなければいい訳です。

 

その施設が素晴らしいとわかっていても、あえていろいろなサウナを体感して、時々その施設を訪れるくらいがよいのです。

 

”はしごの脳科学”についてはこちらの記事もご参照ください。

はしご-A3
参考【サウナの脳科学】2軒目、3軒目と「はしご」をしてしまうのはなぜなのか?はしごの意味を脳科学で探る

サウナを2軒目、3軒目と「はしご」をしてしまうのはなぜなのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年以 ...

続きを見る

 

そうすれば快楽の踏み車を踏み続けてくるくる回り続けることはありません。

 

こっちの踏み車、あっちの踏み車…とさまざまな踏み車を渡り歩いていれば、「快楽の踏み車効果」は発動されません。

 

へなお
要はいかに脳をバグらせるかです。

 

自分の脳を自分の脳でバグらせて、うまくだますことです。

 

へなお
何とも不思議な話に聞こえるかもしれませんが、自分の脳をあやつれるのは自分だけなのです。

 

 

サウナブームはいつまでも続く

踏み車-4-min

へなお
どんな快楽も3か月すると飽きてしまう「快楽の踏み車効果」…ご理解いただけたでしょうか?

 

「快楽の踏み車効果」を知らずにお気に入りのホームサウナに通い、サウナトランスを味わい続けていれば3か月で飽きてしまいます。

 

これは避けられない事実です。

 

へなお
しかし時には浮気して新しいサウナを体感してみてください。

 

そうすればそこが新たなホームサウナになるかもしれませんし、結局元のサウナに戻ってくるかもしれません。

 

現在のサウナ事情はサウナブームのおかげでとても盛況です。

 

あらゆる施設で多くのイベントが行われ、新たなサウナグッズが発売され続けています。

 

へなお
自分も新しいサウナハットやMOKUタオルが欲しくてたまりません。

 

“サウナハットの脳科学”についてはこちらの記事もご参照ください。

サウナハット-A1
参考【サウナの脳科学】サウナハットは必要なのか?それともお飾りなのか?サウナハットの効果を脳科学で探る

サウナに入る時にかぶるサウナハットは必要なのでしょうか? それともただのお飾りなのでしょうか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは ...

続きを見る

 

“MOKUタオルの脳科学”についてはこちらの記事もご参照ください。

MOKUタオル-A2
参考【サウナの脳科学】なぜ銭湯やサウナではMOKUタオルが人気なのか?MOKUタオルを脳科学で探る

なぜ銭湯やサウナではMOKUタオルが人気なのでしょうか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳の ...

続きを見る

 

へなお
そのように考えるとまだまだサウナブームは終わりそうにはありませんね。

 

へなじんさん
今日はどこのサウナでととのおうかなあ…

 

そのように考えているうちは「快楽の踏み車効果」に邪魔されず、3か月たっても飽きはこないはずです。

 

へなお
「サウナ」についてもっと知りたい方は、こちらの書籍を参照してみてください。

 

 

へなお
ぜひ参考にしてみてください。

 

 

“快楽の踏み車効果の脳科学”のまとめ

まとめ-conclusion1-N1

どんな快楽も3か月すると飽きてしまう「快楽の踏み車効果」を脳科学で説き明かしてみました。

今回のまとめ

  • 脳にはどんな快楽も3か月すると飽きてしまう「快楽の踏み車効果」がプログラムされています。
  • 「快楽の踏み車効果」は人類が生き延びていくためには欠かせない機能ですが、現代では不安や不幸を増幅させるだけのやっかいな機能にすぎません。
  • 「快楽の踏み車効果」に関する知識を身につけて、正しく対処することで、飽きの来ない素敵なサ活を楽しんでください。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

今後も長年勤めてきた脳神経外科医の視点からあなたのまわりのありふれた日常を脳科学で探り皆さんに情報を提供していきます。

 

最後にポチっとよろしくお願いします。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

へなお

▶脳神経外科専門医でアラフィフおじさんの「へなお」です。▶日々脳の手術、血管内治療、放射線治療を中心に某総合病院で勤務医をしています▶一般の方でも脳についてわかりやすく理解していただけるように、あなたのまわりのありふれた日常を長年の経験からつちかった情報をもとに脳科学で探っていきます▶多くの方に脳に興味をもっていただき、少しでもこれからの生活の役に立つ知識をつけていただければと思います!

おすすめ記事

ミュージックロウリュ-A1 1

COCOFUROたかの湯のミュージックロウリュはなぜ多くのサウナ―を惹きつけるのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神 ...

サウナでととのう-A3 2

「サウナでととのう」とは脳科学的にどのような意味や方法や効果があるのでしょうか??   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医 ...

年末ジャンボ2022 3

宝くじって当たる確率が低いってわかっているのになぜ多くの人は宝くじを買うのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科 ...

屁理屈-A1 4

屁理屈ばかり言う人を論破するにはどうしたらいいのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳 ...

フードファイター-A4 5

大食いのフードファイターはなぜたくさん食べられるのでしょう? なぜたくさん食べても太らないのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブ ...

デジャヴ-A6 6

「これって前に見たことあるような気がするけど気のせい?」…そんな経験したことありませんか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神 ...

がんばれ-A4 7

大事な試験や試合の時に“頑張れ”って応援するのは相手にプレッシャーをかけて苦しめてつらくさせるだけで逆効果なの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。 &nbsp ...

モノクロ-A2 8

モノクロの世界の意味と魅力ってどこにあるの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳の病気と向き合 ...

美男美女-A10 9

美男美女カップルが少ないのは何でなの? そもそも美男美女ってモテないの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20 ...

マガーク効果-A3 10

マスクをしながらの会話やリモート会議で相手の言っていることが理解しづらいのはなぜなのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは ...

雷恐怖症-A3 11

雷が怖いんですけど克服する方法ってありますか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳の病気と向き ...

数学-A4 12

数学の公式や数式を見るだけで苦手意識が湧き上がるのはなぜなのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年 ...

-サウナの脳科学, 脳を科学する
-, , , , , , , ,

© 2022 殻に閉じこもった脳神経外科医が行く Powered by AFFINGER5