日常の脳科学 脳を科学する

【サウナの脳科学】サウナハットは必要なのか?それともお飾りなのか?サウナハットの効果を脳科学で探る

2022-04-30

サウナハット-A1

サウナに入る時にかぶるサウナハットは必要なのでしょうか?

それともただのお飾りなのでしょうか?

 

そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。

 

このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳の病気と向き合い勤務医として働いてきた視点から、日常の様々なことを脳科学で解き明かし解説していきます。

 

基本的な知識についてはネット検索すれば数多く見つかると思いますので、ここでは自分の実際の経験をもとになるべく簡単な言葉で説明していきます。

 

この記事を読んでわかることはコレ!

  • サウナハットの効果を脳科学で説き明かします。

 

サウナハットってなに?

サウナハット-5

サウナハットの脳科学

  • サウナハットとは、サウナの高温多湿から頭や髪を守るためにかぶる帽子です。
  • サイナハットの一番の効果は、脳を守り“のぼせ”を防止することです。
  • 脳は手足のように自由自在に体温を調整できないうえに、熱に弱く寒さを好みます。
  • ですから、サウナという高温多湿の過酷な状況の中では、ぜひサウナハットで脳を守ってあげてください。

サウナに行く人にとってはいまや必需品となりつつあるサウナハットですが、サウナに行かない人にとっては、

 

へなじんさん
サウナハットってなに?

 

このように思うでしょう。

 

へなお
まずはサウナハットについて簡単に理解しておきましょう。

 

サウナハットとは、サウナ室内の高温多湿の状況から頭や髪を守るためにかぶる帽子です。

 

サウナハットの起源については諸説あるようですが、最初にサウナハットが使われた最有力の地はドイツのようです。

 

その後フィンランドから日本に伝わったようです。

 

サウナブームの日本では、サウナに行くとサウナハットをかぶっている人をよく見かけます。

 

“サウナの脳科学”についてはこちらの記事もご参照ください。

サウナでととのう-A3
参考【サウナ好き必見】「サウナでととのう」の意味、方法、効果を脳科学で探る

「サウナでととのう」とは脳科学的にどのような意味や方法や効果があるのでしょうか??   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医 ...

続きを見る

 

最近ではさまざまな色彩や模様のサウナハットがあり、またワッペン、刺繍、キーホルダーなどで個性を表現している人もよく見かけます。

 

裸ですごすサウナでは、おしゃれをするのはサウナハットぐらいですから、いろいろと手をかけたくなるものです。

 

へなじんさん
サウナハットが盗まれた…

 

なんて話もちらほら聞きますので、おしゃれだけでなく、盗難防止のためにもサウナハットに個性を出すのは大切かもしれません。

 

ではなぜサウナで帽子をかぶる必要があるのでしょう?

サウナハットにはどのような効果があるのでしょう?

 

へなお
今回はサウナハットの効果を脳科学で説き明かします。

 

サウナハットの効果とは?

サウナハット-1

サウナハットにはさまざまな効果が言われています。

 

脳を守る

サウナ室内はかなりの高温多湿です。

 

特に床からの高さが高いほど室温は上がります。

 

そのため座った状態では下半身よりも上半身、特に頭はもっとも高温にさらされます。

 

脳は基本的に脂肪組織からできているので、熱に弱く、熱くなりすぎると脳内の血管が開いたままの状態になり、循環する血液量が増加して、いわゆる“のぼせ”の状態になります。

 

頭がぼーっとしたり、時に意識を失うこともあります。

 

へなお
脳の”のぼせ”を防ぐのは、サウナハットの最も大切な効果です。

 

髪の毛を守る

髪の毛の主成分はタンパク質です。

 

タンパク質は熱によって硬くなる性質をもっています。

 

また乾いた状態よりも濡れた髪の毛の方が熱に弱くダメージを受けやすいと言われています。

 

"髪の毛の脳科学"についてはこちらの記事もご参照ください。

はげ-A1
参考薄毛や脱毛症は治る?治らない?~ハゲを脳科学で探る

薄毛や脱毛症は治る?治らない?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年…多くの脳の病気と向き合い、勤務医として ...

続きを見る

 

サウナ室内では、濡れた髪の毛が高温にさらされるので硬くなりやすく、また内部に空洞ができて傷みやすく、パサつきの原因になります。

 

へなお
髪の毛を守るのも、サウナハットの大切な効果です。

 

頭皮を守る

頭皮は他の場所の皮膚よりも毛穴の数がかなり多くあります。

 

そのため高熱にさらされると毛穴が傷み、抜け毛やフケの発生につながります。

 

へなお
サウナハットは頭皮もしっかりと守ってくれます。

 

このように高温多湿の過酷な環境では、頭を守るためにサウナハットは欠かせないアイテムと言えるでしょう。

 

サウナハットはただのお飾りではなく、健康、美容にとても効果的なのです。

 

へなお
ここまでは一般的なサウナハットの効果です。

 

へなお
では脳科学的にサウナハットにはどのような効果があるのでしょう?

 

脳科学的サウナハットの効果とは?

サウナハット-3

へなお
みなさんは「適温」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

適温とは、心地やすく快適に過ごすことのできる温度のことです。

 

へなお
では人間にとっての適温とは何度でしょう?

 

一般的には夏は25~28度、冬は18~22度とされています。

 

ちなみに適温には湿度も関係しています。

 

最適な湿度は、夏は45~60%、冬は55~65%とされています。

 

“温度の脳科学”についてはこちらの記事もご参照ください。

温度-A1
参考脳の温度センサーの意味って何だろう?温度を脳科学で探る

脳にとって温度ってどんな影響があるの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年…多くの脳の病気と向き合い、勤務 ...

続きを見る

 

このように考えるとサウナは異常なほどの高温多湿です。

 

へなお
ではなぜ多くの人はサウナを好むのでしょうか?

 

それは、サウナという過酷な環境に身をさらすことで、その後の水風呂、外気浴の快感度をアップさせて幸福感を得るためです。

 

”サウナの快感度の脳科学”についてはこちらの記事もご参照ください。

ミュージックロウリュ-A1
参考【サウナの脳科学】COCOFUROたかの湯のミュージックロウリュを勝手に脳科学で探る

COCOFUROたかの湯のミュージックロウリュはなぜ多くのサウナ―を惹きつけるのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神 ...

続きを見る

 

ちなみに脳の温度センサーがもっとも心地よく快適と感じる温度は13度です。

 

ですから水風呂は13度前後がもっとも快適に感じるはずです。

 

人によっては15度くらいですとぬるく感じてしまうかもしれません。

 

逆に10度くらいですとギンギンに冷たく感じるでしょう。

 

へなお
このように考えると、水風呂の設定温度は脳科学的にかなり理想的な水温と言えるでしょう。

 

しかし13度というの先ほど説明した人間の適温からはかなり低い温度です。

 

つまり体が感じる適温と脳の温度センサーが感じる適温にはかなりの解離があるということです。

 

へなお
脳の適温が低い理由は、寒さで絶滅した恐竜から学んだ教訓とも言われています。

 

つまり体感温度よりも低い温度まで脳は耐えられるようにプログラミングされているのです。

 

へなお
ちょっと話がサウナハットからそれてしまいましたね。

 

とにかくサウナは人間の適温からは、かなりかけ離れた過酷な世界ということです。

 

そんなサウナの中で過ごすためにはそれなりの工夫が必要です。

 

へなお
そこで考え出されたのがサウナハットです。

 

へなお
みなさんは「頭寒足熱」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

 

頭寒足熱

『頭寒足熱』(ずかんそくねつ)

頭部が冷えて足部があたたかいこと。

またそういう状態にすること。

古来健康によい状態といわれる。

コトバンク

 

足先は体の中で心臓から最も離れています。

 

そのため心臓からの血液が到達しづらく、また座った状態で足先から血液が心臓に戻るには重力に逆らうことになるので、血流が悪くなりやすいのです。

 

足先は冷えていると血管は収縮しますので、ますます血流が悪くなりやすく冷え性の原因にもなります。

 

へなお
足先の冷え性で悩んでいる人は少なくないはずです。

 

上半身の体温が36度くらいでも、足先は冷え性になると25度くらいまで下がってしまいます。

 

そのため足先はなるべく温めた方が血流が良くなり、健康によいのです。

 

へなお
一方で、「頭が冷え性」という人はほとんど聞いたことがありませんよね。

 

脳は体の中で最も大事な臓器なので、頭に流れる血流が減るのは命の最後の最後です。

 

「頭に血がのぼる」なんて言葉もあるように、脳は常に血流が保たれるような仕組みになっています。

 

へなお
ではサウナの中では血流はどうなるのでしょう?

 

もともと血流の悪くなりやすい足先は、高温の中では血管が拡張して血液が充満して流れるので血流はよくなります。

 

頭の血管も当然拡張するので血流はよくなりますが、もともと血流がよいところにさらに血液が流れるので、血液が流れすぎて、いわゆる「のぼせ」の状態となってしまいます。

 

ですから頭は足先とは逆に冷やしたほうが健康にはよいのです。

 

へなお
よく「頭を冷やせ」なんて言葉を使いますよね。

 

特にサウナでは頭が体の中でもっとも高い位置に来るので、一番高温にさらされます。

 

ですからサウナハットでしっかりと熱から頭を守って、脳への血流を少しでも少なくした方がよいのです。

 

へなお
ちなみに「あまみ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

サウナ―であれば聞いたことがあるはずです。

 

「あまみ」とは、サウナと水風呂、外気浴を繰り返していると手足にできる赤い斑点や文様です。

 

サウナの高温の中では、先ほど説明したように血管は拡張して血液が多く流れます。

 

ですから体は赤くなります。

 

一方で水風呂や外気浴で体が冷えると、血管は収縮して流れる血液は少なくなります。

 

ですから体は白くなります。

 

しかし何度もこれを繰り返していると、体の表面は冷えていても体の内部は温かいままとなり、体表の血管の一部は拡張したままとなり血液はその血管に集中して流れます。

 

その結果、白くなった肌にところどころ血流が増えた部分だけが赤い斑点や文様となって見られるようになります。

 

へなお
これがあまみの正体です。

 

あまみが出るということは、サウナ、水風呂、外気浴によって体がうまく整えている証拠です。

 

ここであまみが出現する場所を考えてみてください。

 

あまみのほとんどは手足に出ます。

 

へなお
特に足に出る人が多いのではないでしょうか?

 

一方で顔にあまみが出る人はほとんどいないでしょう。

 

へなお
なぜこのような違いがでるのでしょう?

 

それは先ほど説明したように手足、特に足は冷えやすく温まりやすい…つまり血管が拡張したり収縮したりしやすいようになっているのです。

 

それによって体温調整を行っているわけです。

 

一方で頭は温まりやすく冷えにくい…つまり血管が拡張はするものの収縮しづらいようになっています。

 

へなお
ですから顔を含む頭にはあまみはほとんど見られません。

 

このように頭は血管の拡張、収縮による体温調整がへたくそです。

 

ですからしっかりと熱から守ってあげないといけないわけです。

 

へなお
こうして考えていくと、脳の適温がなぜ13度と低めなのかがおわかりいただけたでしょう。

 

脳は熱に弱く、寒さを好むのです。

 

へなお
これが脳科学的サウナハットの効果です。

 

しかしサウナハットを発明した人はきっとここまでは考えてはいなかったでしょう。

 

とはいえ脳科学的に理にかなったサウナハットを発明したのは、生きのびていくための脳の本能とも言えるでしょう。

 

理屈は理解していなくとも、とにかく温まりやすく冷えにくい脳を守らなければ生きていけない…そのような本能がサウナハットを作らせたのでしょう。

 

これはあくまでも推測ですが…

 

へなお
いずれにしてもサウナでは、ぜひサウナハットをかぶって快適なサウナタイムを満喫してください。

 

サウナハットを手に入れよう

サウナハット-4

今回はサウナハットの効果を脳科学で説き明かしました。

 

まだサウナハットを持っていない…そんな人はぜひ購入することをお勧めします。

 

今は素材も柄も素晴らしいものが数多くそろっています。

 

 

へなお
ちなみに自分は最近、ベストサウナハットの3層構造、ポリエステル・メッシュ素材のサウナハットをプレゼントしてもらいました。

 

今までは薄めの素材のサウナハットを使っていましたが、ポリエステル・メッシュのサウナハットはかなり快適です。

 

 

詳しくは『ベストサウナハット』のHPをご参照ください。

 

ベストサウナハットはかなりお勧めです。

 

ちなみに究極のサウナハットは頭がすっぽり入ってしまう「虚無僧君」でしょう。

 

へなお
自分もいつかは虚無僧君をかぶってみたいです。

 

へなお
「サウナハット」についてもっと知りたい方は、こちらの書籍がお勧めです。

 

 

へなお
ぜひ参考にしてみてください。

 

“サウナハットの脳科学”のまとめ

まとめ-conclusion1-N1

サウナハットの効果を勝手に脳科学で説き明かしてみました。

今回のまとめ

  • サウナハットとは、サウナの高温多湿から頭や髪を守るためにかぶる帽子です。
  • サイナハットの一番の効果は、脳を守り“のぼせ”を防止することです。
  • 脳は手足のように自由自在に体温を調整できないうえに、熱に弱く寒さを好みます。
  • ですから、サウナという高温多湿の過酷な状況の中では、ぜひサウナハットで脳を守ってあげてください。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

今後も長年勤めてきた脳神経外科医の視点からあなたのまわりのありふれた日常を脳科学で探り皆さんに情報を提供していきます。

 

最後にポチっとよろしくお願いします。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

へなお

▶脳神経外科専門医でアラフィフおじさんの「へなお」です。▶日々脳の手術、血管内治療、放射線治療を中心に某総合病院で勤務医をしています▶一般の方でも脳についてわかりやすく理解していただけるように、あなたのまわりのありふれた日常を長年の経験からつちかった情報をもとに脳科学で探っていきます▶多くの方に脳に興味をもっていただき、少しでもこれからの生活の役に立つ知識をつけていただければと思います!

おすすめ記事

ドリームジャンボ2022-A1 1

宝くじって当たる確率が低いってわかっているのになぜ多くの人は宝くじを買うのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科 ...

屁理屈-A1 2

屁理屈ばかり言う人を論破するにはどうしたらいいのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳 ...

フードファイター-A4 3

大食いのフードファイターはなぜたくさん食べられるのでしょう? なぜたくさん食べても太らないのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブ ...

デジャヴ-A6 4

「これって前に見たことあるような気がするけど気のせい?」…そんな経験したことありませんか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神 ...

サウナでととのう-A3 5

「サウナでととのう」とは脳科学的にどのような意味や方法や効果があるのでしょうか??   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医 ...

がんばれ-A4 6

大事な試験や試合の時に“頑張れ”って応援するのは相手にプレッシャーをかけて苦しめてつらくさせるだけで逆効果なの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。 &nbsp ...

モノクロ-A2 7

モノクロの世界の意味と魅力ってどこにあるの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳の病気と向き合 ...

美男美女-A10 8

美男美女カップルが少ないのは何でなの? そもそも美男美女ってモテないの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20 ...

マガーク効果-A3 9

マスクをしながらの会話やリモート会議で相手の言っていることが理解しづらいのはなぜなのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは ...

雷恐怖症-A3 10

雷が怖いんですけど克服する方法ってありますか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳の病気と向き ...

数学-A4 11

数学の公式や数式を見るだけで苦手意識が湧き上がるのはなぜなのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年 ...

藤井聡太-A4 12

将棋の藤井聡太五冠の強さの秘密はどこにあるのですか?   このブログでは脳神経外科医として20年…多くの脳の病気と向き合い勤務医として働いてきた視点から、日常の様々なことを脳科学で解き明かし ...

-日常の脳科学, 脳を科学する
-, , , ,

© 2022 殻に閉じこもった脳神経外科医が行く Powered by AFFINGER5