サウナの脳科学 脳を科学する

【サウナの脳科学】サウナと春夏秋冬の季節との関係を脳科学で探る

季節-A1

サウナにもっとも適した季節は春夏秋冬のいつなのでしょう?

 

そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。

 

このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳の病気と向き合い勤務医として働いてきた視点から、日常の様々なことを脳科学で解き明かし解説していきます。

 

基本的な知識についてはネット検索すれば数多く見つかると思いますので、ここでは自分の実際の経験をもとになるべく簡単な言葉で説明していきます。

 

この記事を読んでわかることはコレ!

サウナと春夏秋冬の季節との関係を脳科学で説き明かします。

 

サウナのベストシーズンとは?

季節-1-min

春夏秋冬の季節の脳科学

  • 日本では春夏秋冬それぞれの季節で、それぞれの最高のサウナトランスを体感できます。
  • 脳の活動は夏~秋が最も活発で、冬~春に低下します。つまり春と秋は脳の活動は移行期で不安定となりやすくなります。
  • 脳の活動が不安定となる春と秋は脳疲労が蓄積しやすくなります。そんな時こそサウナで最高のトランスを体感して脳疲労を解消してみてください。

現代の日本では第3次サウナブームによって多くの施設がにぎわっています。

 

“サウナブームの脳科学”についてはこちらの記事もご参照ください。

サウナブーム-A2
参考【サウナの脳科学】なぜ今サウナは人気なのか?サウナブームを脳科学で探る

なぜ今サウナはこれほどまでに人気でブームを巻き起こしているのでしょうか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20 ...

続きを見る

 

サウナ好きの人が増えて、時にはサウナ室の前に行列ができるほどです。

 

中にはほぼ毎日サウナに通っている人もいますし、1日にいくつものサウナをはしごする人もいます。

 

へなお
ではサウナにもっとも適した季節は春夏秋冬のいつなのでしょうか?

 

時々SNSなどで

 

へなこさん
サウナにとって最高の季節になりましたね!

 

なんて声を聞きますが、いったい春夏秋冬のいつがサウナにとってベストシーズンなのでしょう?

 

へなお
今回はサウナと春夏秋冬の季節との関係を脳科学で説き明かしていきます。

 

 

サウナと春夏秋冬

季節-2-min

サウナの映像としてよく出てくるのは、北欧の冬…雪が深く積もる湖畔のサウナ小屋で蒸された後に凍った湖の水に入る、といった印象です。

 

フィンランドサウナ-min

 

北欧の冬は太陽の昇らない日が何日も続くため、とても暗くそして長い厳しく寒い時間です。

 

北欧フィンランドでサウナが2000年前に生まれ、これまで脈々と人びとの暮らしで欠かせない存在だった背景には、きっとこの冬の存在が大きかったはずです。

 

厳しい寒さから身を守り、どんなに寒くて暗い日が続いても、サウナがあるという安心感は大きかったはずです。

 

しかしフィンランドでは短い夏のあいだもサウナは楽しまれています。

 

夏は太陽の沈まない白夜が続くフィンランドでは、植物は太陽の沈まない夏の白夜と暗く厳しい冬の寒さで強い生命力をその体内に宿します。

 

白樺の若い枝葉を束ねたヴィヒタはサウナで全身をはたいたりなでたりして使用されます。

 

ヴィヒタ-min

 

またその香りはサウナにいながら森林浴のような寛(くつろ)ぎをもたらしてくれます。

 

白い樹皮を持つ白樺の木はフィンランド各地に自生していますが、ヴィヒタを作るためには成長し過ぎた木では葉が固過ぎますし、早過ぎる木では葉が柔らかすぎます。

 

ヴィヒタを作る一番タイミングの良い季節は夏至の頃とされています。

 

ですから夏のサウナでは、フレッシュな採れたての白樺を使える特別な季節なのです。

 

白樺以外でも夏のあいだはベリーやハーブなどさまざまな植物でウィスクを作りウィスキングが行われています。

 

”アロマの脳科学”についてはこちらの記事もご参照ください。

サウナアロマ-A1
参考【サウナの脳科学】サウナのロウリュにアロマは効果的なのか?サウナと香りの関係を脳科学で探る

サウナのロウリュの時に使われるアロマは本当に効果的なのでしょうか? そもそもサウナに香りは必要なのでしょうか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   ...

続きを見る

 

ウィスキングはすべての感覚を使って自然からの恵みである植物の力を体に取り入れて体を自然の状態へと戻していくという特別な行為なのです。

 

本場フィンランドではこのように夏と冬にそれぞれのサウナが楽しまれています。

 

へなお
では日本でサウナを楽しむ時にサウナに最も適した季節はいつなのでしょう?

 

 

春サウナ

寒い冬から温暖な気候になる春は、サウナを楽しみやすい季節です。

 

寒すぎず暑すぎず心地よい気候の中で、サウナで蒸されてからの水風呂、休息タイムでは最高の時間を味わえます。

 

へなお
しかし日本で春に悩まされるものと言えば花粉症です。

 

特に外気浴では花粉症は大敵です。

 

しっかりと花粉症対策をしてからサウナ時間を楽しめれば、春はサウナのベストシーズンと言えるかもしれません。

 

 

夏のサウナ

暑い夏ではいきなりサウナに入っても、すでに自律神経が活性化されてしまっているのでなかなか心地よく感じられません。

 

“サウナでととのうの脳科学”についてはこちらの記事もご参照ください。

サウナでととのう-A3
参考【サウナ好き必見】「サウナでととのう」の意味、方法、効果を脳科学で探る

「サウナでととのう」とは脳科学的にどのような意味や方法や効果があるのでしょうか??   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医 ...

続きを見る

 

へなお
そこでお勧めなのが「逆サウナ」です。

 

「逆サウナ」とは、まず水風呂に入ったり水シャワーを浴びたりして体をクールダウンさせてからサウナに入るという流れです。

 

汗だくで銭湯に到着して、体を清めるとますます体はほてってしまいます。

 

そこで水風呂に入って体を程よく冷やしてからサウナに入るのです。

 

その後は通常の流れのように、水風呂、休息タイムを楽しんでみてください。

 

”水風呂の脳科学”についてはこちらの記事もご参照ください。

水風呂-A1
参考【サウナの脳科学】サウナトランス(ととのう)の極意は水風呂にあり?水風呂を脳科学で探る

サウナトランス(ととのう)の極意はサウナにあり?水風呂あり?内外気浴にあり?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として ...

続きを見る

 

へなお
逆サウナでは、冬には体感できない別世界のととのいができるはずです。

 

夏の外気浴は蒸し暑くてなかなかのんびりできないかもしれませんので、無理して外気浴はせず、冷房や扇風機で冷えた室内で内気浴を楽しむのもお勧めです。

 

へなお
また夏はテントサウナもお勧めです。

 

自然の中でテントサウナへ入り、川や湖に飛び込んでクールダウンしてから豊かな木々に囲まれて行う外気浴は心身ともに気持ちいいこと間違いなしでしょう。

 

普段の街中のサウナでは味わえない別世界のサウナが体感できるはずです。

 

へなお
アイスサウナも夏にはお勧めです。

 

アイスサウナでは水風呂のかわりにアイスに囲まれた室温がマイナス25度とかなり寒い空間でクールダウンを行います。

 

日本ではウェルビー栄店の「ラップランド」でアイスサウナが体感できます。

 

サウナ本場のフィンランドのサウナを体感できるのが「ラップランド」です。

 

ラップランドでは、「森のサウナ」→「アイスサウナ(水風呂)」→「湖のほとり(外気浴)」が連続して配置され動線が完璧に計算されています。

 

暑い夏でも工夫次第では夏ならではのサウナトランスが体感できるはずです。

 

へなお
しかし夏サウナでは熱中症や脱水症に特に注意が必要です。

 

夏の暑さで汗をかいているところに水分補給をせずにそのままサウナに入るのはとても危険ですので、体調管理に気をつけましょう。

 

 

秋のサウナ

へなお
秋はサウナにとって最高のシーズンと言えます。

 

暑さのピークが過ぎて少し涼しくなってくると、外気浴が最高に気持ちよい季節になります。

 

水風呂の温度も下がりやすくなり、水風呂、休息タイムにはうれしいシーズンと言えます。

 

また食欲の秋でもありサウナ飯の食べ過ぎには注意が必要です。

 

“サウナ飯の脳科学”についてはこちらの記事もご参照ください。

サウナ飯-A1
参考【サウナの脳科学】サウナのあとは何を食べる?何を飲む?サウナ飯を勝手に脳科学で探る

どうしてサウナのあとはお腹が空いて、サウナ飯を食べたり飲んだりしたくなるのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科 ...

続きを見る

 

紅葉のシーズンにはサウナと紅葉を合わせて楽しむこともできます。

 

へなお
秋で要注意なのが台風です。

 

台風の季節は突然の暴風雨が襲ってきますのでご注意ください。

 

 

冬のサウナ

へなお
冬のサウナは外気温とサウナ室の温度差がもっとも大きいのでととのいやすいと考えるサウナーが多いかもしれません。

 

へなお
また冬の寒さで冷え切った体をサウナに入って暖めたいと思う人も多いでしょう。

 

冬の外気浴は寒いと思うかもしれませんが、そのような人はサウナで体が芯から温まりきっていないのかもしれません。

 

外気浴でしっかりあまみがでるくらいサウナで温まることがお勧めです。

 

“あまみの脳科学”についてはこちらの記事もご参照ください。

あまみ-A1
参考【サウナの脳科学】サウナの“あまみ”ってなんだろう?”あまみ”の正体を脳科学で探る

サウナから出た後に腕や足に見られる“あまみ”の正体は何なのでしょう? “あまみ”は体にいいのでしょうか?それとも悪いのでしょうか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えし ...

続きを見る

 

最後のセットだけ外気浴をしてととのうのも良いかもしれません。

 

へなお
本場フィンランドのように雪の中にダイブできる施設もあります。

 

極寒のサウナでお勧めなのは、長野県の野尻湖畔のThe Saunaや北海道の富良野の白銀荘でしょう。

 

へなお
冬サウナで要注意なのがヒートショックです。

 

ヒートショックとは、暖かい場所から突然寒い場所に移動することで、血圧が急激に上がって心筋梗塞や脳出血などの体調不良を引き起こす現象です。

 

サウナでなくても自宅のお風呂で入浴する際にも注意が必要です。

 

サウナで大量の汗をかいたとしてもいきなり水風呂に入ると、時にヒートショックが起こる原因にもなりますので、まずは水シャワーを浴びたり半水浴でゆっくり体を冷やすなどの工夫が必要です。

 

へなお
春夏秋冬のサウナを解説してきましたが、結局いずれの季節でもそれぞれのサウナの楽しみがあります。

 

へなお
それぞれの季節でそれぞれの「サウナトランス=サウナでととのう」を体感してみてください。

 

 

脳と春夏秋冬

季節-3-min

へなお
春夏秋冬のサウナについて解説しましたが、では脳の活動は春夏秋冬によって変化するのでしょうか?

 

季節によってウキウキしたり、なんとなくふさぎ込んだりと、季節によって気分の変化があることはよく言われることです。

 

このように「季節によって気分が変わるのは脳の活動が影響している」という報告があります。

 

研究では、成人男女に春夏秋冬の4つの季節にそれぞれ数日間研究室で過ごしてもらいます。

 

その間は外に出ることも、日光に当たることもせず、季節と完全に切り離された状態ですごしてもらいます。

 

そしてその後「長時間の集中力を必要とする課題」と「記憶力を必要とする課題」に取り組んでもらい脳の活動を調査します。

 

結果は、2つの課題で参加者の得点は変わりませんでしたが、脳にかかる負担に差があることが観察されました。

 

集中力を必要とする課題では、脳は夏に最も活発に活動しましたが、冬は活動量が大幅に減りました。

 

記憶力を必要とする課題では、脳の活動は秋にピークに達し、春に低くなっていました。

 

つまり、脳の活動が最も優れているのは夏~秋、脳の活動が減少するのは冬~春ということです。

 

へなお
ではなぜ季節で脳の活動が変わるのでしょう?

 

研究では、「脳はより効率的に働くために季節にあわせて働き方を変えている」と指摘しています。

 

脳がより活発に働くというのは、課題を容易にこなすだけの体力が脳にあることを意味しています。

 

一方、活動量が減る冬は、脳に体力がないので脳は効率的に働けなくなります。

 

へなお
しかしなぜ脳の活動が季節で変化するのかの詳細はわかっていません。

 

しかし、脳だけではなく、体のさまざまな機能が季節ごとに変化することはこれまでの研究でわかっています。

 

気分や新陳代謝は季節ごとに変化します。

 

その影響で冬は体重が増えやすいと言われています。

 

夏と冬では色を違って知覚する可能性も指摘されています。

 

現代社会では、人間は人工的な環境に囲まれすぎていて、もはや季節的な環境のサイクルの影響を受けにくい中で暮らしています。

 

へなお
それにも関わらず、脳は季節に反応するようにプログラムされているわけですから不思議ですよね。

 

 

サウナと春夏秋冬を脳科学で探る

季節-4-min

へなお
最後は脳の季節による活動とサウナとの関係を考えてみましょう。

 

先ほど説明したように、脳の活動が最も優れているのは夏~秋、脳の活動が減少するのは冬~春です。

 

つまり1年の中で春と秋は脳の活動は移行期であり不安定となりやすいわけです。

 

サウナの本場であるフィンランドでは一応四季がありますが、冬がとても長く11月〜3月が冬にあたります。

 

春は4月〜5月、秋が9月〜10月と短く、春や秋といえどもとても寒いのが特徴です。

 

そして夏は6月〜8月で白夜の時期となり、1日のうち19時間も明るい時間が続きます。

 

ですから夏と冬のサウナでは、先ほど説明したように違った楽しみ方があるわけです。

 

しかし日本ではしっかりとした四季があり、夏と冬以上に春と秋にはイベントが盛りだくさんです。

 

春は新学期の季節で環境の変化が多い季節です。

 

一方秋は夏休みを終え、学問の秋、食欲の秋と言われるように寒い冬に向けてさまざまなイベントが目白押しで多くの人は活発に活動します。

 

しかし春と秋は脳にとっては活動が不安定であまりよくないコンディションの季節といえます。

 

春と秋はただでさえ脳のコンディションがよくないのに、脳への負担がいつも以上にかかってしまうという難しい季節と言えます。

 

へなお
ですから春と秋は特に脳のケアが重要なのです。

 

脳に負担がかかると脳疲労を引き起こし、脳のパフォーマンスは著しく低下して、時にはメンタルも下落傾向へと進んでしまいます。

 

へなお
そんな脳疲労を深部から取り除き、脳疲労を引き起こさないようにするのがサウナです。

 

“脳疲労とサウナの脳科学”についてはこちらの記事もご参照ください。

脳疲労-A2
参考【サウナの脳科学】脳疲労はサウナで解消されるって本当?それとも嘘?脳疲労を脳科学で探る

脳の疲れはサウナで解消されるのでしょうか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳の病気と向き合い ...

続きを見る

 

春や秋には「最近疲れが抜けない」「気分が上がらない」「脳が疲れている」…そのように感じやすいはずです。

 

へなお
そんな時こそサウナで脳疲労を解消してみてください。

 

サウナにとってのベストシーズンとは、サウナで最高の「サウナトランス=サウナでととのう」を得られるシーズンです。

 

当然気候や気温によってサウナのみならず水風呂や休息タイムの体幹の感じ方は大きく異なります。

 

ですからそれぞれの季節に合ったサウナ、水風呂、休息タイムの過ごし方を工夫することで、いずれの季節でもそれぞれの季節で最高のサウナトランスを体感できるはずです。

 

しかし脳科学的には、脳の活動が不安定なのに忙しく脳を活動させなければならない春と秋こそ、サウナで脳疲労を解消して最高のサウナトランスを体感すべきでしょう。

 

へなお
ぜひ今後のサ活の参考にしてみてください。

 

へなお
「サウナ」についてもっと知りたい方は、こちらの書籍を参照してみてください。

 

 

へなお
ぜひ参考にしてみてください。

 

 

“春夏秋冬の季節の脳科学”のまとめ

まとめ-conclusion1-N1

サウナと春夏秋冬の季節との関係を脳科学で説き明かしてみました。

今回のまとめ

  • 日本では春夏秋冬それぞれの季節で、それぞれの最高のサウナトランスを体感できます。
  • 脳の活動は夏~秋が最も活発で、冬~春に低下します。つまり春と秋は脳の活動は移行期で不安定となりやすくなります。
  • 脳の活動が不安定となる春と秋は脳疲労が蓄積しやすくなります。そんな時こそサウナで最高のトランスを体感して脳疲労を解消してみてください。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

今後も長年勤めてきた脳神経外科医の視点からあなたのまわりのありふれた日常を脳科学で探り皆さんに情報を提供していきます。

 

最後にポチっとよろしくお願いします。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

へなお

▶脳神経外科専門医でアラフィフおじさんの「へなお」です。▶日々脳の手術、血管内治療、放射線治療を中心に某総合病院で勤務医をしています▶一般の方でも脳についてわかりやすく理解していただけるように、あなたのまわりのありふれた日常を長年の経験からつちかった情報をもとに脳科学で探っていきます▶多くの方に脳に興味をもっていただき、少しでもこれからの生活の役に立つ知識をつけていただければと思います!

おすすめ記事

ミュージックロウリュ-A1 1

COCOFUROたかの湯のミュージックロウリュはなぜ多くのサウナ―を惹きつけるのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神 ...

サウナでととのう-A3 2

「サウナでととのう」とは脳科学的にどのような意味や方法や効果があるのでしょうか??   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医 ...

ハロウィンジャンボ-A4 3

アップ宝くじって当たる確率が低いってわかっているのになぜ多くの人は宝くじを買うのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神 ...

屁理屈-A1 4

屁理屈ばかり言う人を論破するにはどうしたらいいのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳 ...

フードファイター-A4 5

大食いのフードファイターはなぜたくさん食べられるのでしょう? なぜたくさん食べても太らないのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブ ...

デジャヴ-A6 6

「これって前に見たことあるような気がするけど気のせい?」…そんな経験したことありませんか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神 ...

がんばれ-A4 7

大事な試験や試合の時に“頑張れ”って応援するのは相手にプレッシャーをかけて苦しめてつらくさせるだけで逆効果なの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。 &nbsp ...

モノクロ-A2 8

モノクロの世界の意味と魅力ってどこにあるの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳の病気と向き合 ...

美男美女-A10 9

美男美女カップルが少ないのは何でなの? そもそも美男美女ってモテないの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20 ...

マガーク効果-A3 10

マスクをしながらの会話やリモート会議で相手の言っていることが理解しづらいのはなぜなのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは ...

雷恐怖症-A3 11

雷が怖いんですけど克服する方法ってありますか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳の病気と向き ...

数学-A4 12

数学の公式や数式を見るだけで苦手意識が湧き上がるのはなぜなのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年 ...

-サウナの脳科学, 脳を科学する
-, , , , , ,

© 2022 殻に閉じこもった脳神経外科医が行く Powered by AFFINGER5