脳を科学する

ストレスを発散したり解消したりする方法がわからない人におすすめの脳科学

ストレスを発散したり解消したりする方法がわからないのですがどうしたらいいですか?

 

そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。

 

このブログでは脳神経外科医として20年…多くの脳の病気と向き合い手術、放射線治療を中心に勤務医として働いてきた視点から、日常の様々なことを脳科学で解き明かし解説していきます。

 

基本的な知識についてはネット検索すれば数多く見つかると思いますので、ここでは自分の実際の経験をもとになるべく簡単な言葉で説明していきますね。

 

この記事を読んでわかることはコレ!

  • ストレスを発散したり解消したりする方法がわかります。

 

 

ストレスを脳科学する

ストレス-1-min

ストレスを発散したり解消したりする脳科学的な方法

  • ストレスを発散したり解消したりするためには『予想』と『回避』が大切です。
  • ストレスを感じて悪いことなんて何もありません。
  • ストレスを感じることは当たり前でストレスを避けることはできません。
  • ストレスを発散したり解消したりした気分になれる逃げ道を持っておくことが大切です。
  • あなたはいつでもストレスから逃げられるのです。

ストレスを発散したり解消したりするためには『予想』『回避』が大切です。

 

ストレスを発散したり解消したりするための脳科学的なキーワードはずばり『予想』と『回避』です。

 

この2つのキーワードをしっかり押さえておけばあなたのストレスも少しは軽くなるでしょう。

 

へなお
予想と回避なんてなんだか難しい言葉が出てきましたねえ…

 

へなこさん
なんだかまったくわかりません…

 

それではこれから脳科学的ストレス発散法、解消法をお教えいたします。

 

 

脳科学的ストレス発散法、解消法

ストレス-2-min

とにかくストレスがなにかとたまりやすこのご時世。

 

へなお
ストレス発散のために旅行に行ったり食事に行ったりすることもなんだか逆にストレスに感じてしまいがちな今日この頃ですよね。

 

”ストレスに満ちた自粛生活の脳科学”についてはこちらの記事をご参照ください。

 

こちらもCHECK

自己責任-1
ストレスに満ちた自粛生活をどう生きる?~自己責任を脳科学で説く

ストレスに満ちた自粛しながらの生活の中で自己責任ってどんな意味があるの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20 ...

続きを見る

 

へなこさん
そもそもストレスっていったい何なんでしょうね?

 

ストレスは目に見えません。

 

ストレスがいくらたまっていると言っても他人のストレスを客観的に想像することは難しいものです。

 

自分ではストレスを感じていないつもりでも胃がキリキリ痛んでしまう人もいれば、ストレスを訴えてばかりいるものの案外ストレスに強いなんていう人もいたりします。

 

ストレスの秘密-その1

ストレスを感じると脳の中の視床下部と下垂体から“ストレスホルモン”と言われるさまざまなホルモンが分泌されます。

このストレスホルモンによって肥満、食欲低下、うつ症状などが引き起こされます

ですから血液中のストレスホルモンを計ってみれば実際に体がどれだけのストレスをうけているのかを客観的に観察することができます。

 

へなお
実際に体内のストレスホルモンを測定した研究はいくつもありますがそのうちの1つをご紹介します。

 

この研究では体内のストレスホルモンの分泌をうながす薬を注射して人工的に体をストレス状態にするというなんとも恐ろしいことをしています。

この薬を注射すると体の中のストレスホルモンは通常の10倍まで増加します。

普通ならこんな薬を注射すると言われただけですでにストレスを感じてしまいそうです。当然副作用も心配です。

ですから注射の前には起こり得る副作用について充分な説明をしておきます。

またもし途中で気分が悪くなったら注射する量を調整できるボタンを渡しておきますボタンを押すことで注射を途中で中断することも可能です。

この研究でわかったもっとも驚きの事実は薬を注射した研究結果ではなく注射する量を調整できるボタンを渡しただけで逆にストレスホルモンが80%も減ったことです。

Abelson JL, et al, Arch Gen Psychiatry 62:668-675, 2005

 

へなお
なんとも驚きの研究ですがその研究結果も驚きですね。

 

ストレスをかけようとして逆にストレスが減ってしまっているのですからね。

 

へなお
それではなぜ注射する量を調整できるボタンを渡しただけでストレスは低下したのでしょうか。

 

ストレスの秘密-その2

脳科学的ストレス発散法、解消法のカギは“予測”と“回避”にあります。

“予想”とは今後起こる可能性があることをあらかじめ知っていることです。

“回避”とは自分がつらくなって逃げ出したいときはいつでも逃げ出すことができることを知っていることです。

 

へなこさん
んんん?どういうことですか?

 

この研究における“予想”とは薬を注射することでどんなことが起こり得るのかを事前に説明を受けて自分の中で充分に理解しておくことです。

 

へなお
何も知らされていない薬を注射されたらストレスは上がってしまいますよね。

 

そして“回避”とはいつでも薬の注射する量を減らしたり中止したりすることができるということを充分に理解しておくことです。

 

この2つを理解するだけで普通のストレスだけでなく薬で強制的に分泌されたストレスホルモンによるストレスさえも低下させてしまうのです。

 

この“予想”と“回避”は日常のどのようなことにも応用できます。

 

それでは実際にどのように“予想”と“回避”を活用していけばよいのかを説明しましょう。

 

 

“予想”と“回避”を活用してストレスを発散、解消しよう

ストレス-3-min

へなお
ストレスをどれくらい感じているのかは他人からはわかりません。

 

自分がストレスを感じていると思えばストレスを感じていることになってしまいます。

 

ですからストレスの程度は血液中のストレスホルモンを計ってみたりストレスホルモンを分泌する脳の視床下部や下垂体と言われる部分の活動を計ってみたりしないとわかりません。

 

へなこさん
お酒を飲んでストレス発散だあ。

 

なんて人を良く見かけますがお酒でストレスは発散されるのでしょうか?

 

へなお
実際にお酒を飲んだ人がストレスを発散できているかを調べた研究があります。

 

この研究ではお酒を飲んだ人の脳の視床下部の活動を調べてストレスホルモンがどのくらい分泌されているかを調査しました。

その結果お酒を飲んでも脳の視床下部は活発に働きストレスホルモンを分泌し続けていることがわかりました。

つまりお酒を飲むことでストレスを発散した気分になっているだけで実際体はストレスを感じ続けていることが示されました。

Ueyama T, et al, Alcohol 18:171-176, 1999

 

へなこさん
なんということでしょう…お酒を飲んでもストレスを発散している気分になっているだけだったんですね…

 

このようにストレス発散や解消をしたつもりになっていることはなにもお酒に限った話ではありません。

 

へなこさん
スポーツでストレス発散だあ。

 

へなこさん
音楽を聴いてストレス発散だあ。

 

まだまだ色々ありますがその多くは直接的にストレスを発散したり解消したりはしていません。

 

ストレスの秘密-その3

スポーツをしても音楽を聴いても脳の視床下部や下垂体の活動は低下しませんしそこから分泌されるストレスホルモンも減少しません。

ストレスを発散したり解消したりしている気分に浸っているにすぎないのです。

 

そもそもお酒を飲んだりスポーツをしたり音楽を聴いたりするのは1日のうちでほんの数時間程度です。

 

残りの時間は慢性的にストレスを感じ続けているわけですからちょっと何かをしたくらいで簡単にストレスはなくなるはずがありませんよね。

 

へなお
ではストレスを発散したり解消したりするにはどうしたらよいのでしょう?

 

それのカギは発想の転換です。

 

へなお
先ほどの“予想”と“回避”を思い出してください。

 

まずはストレスを感じて何が悪いのかを予想して理解しておくことです。

 

別にストレスを感じても何も悪いことはない。

 

へなお
そんな風に思えたら一番いいでしょう。

 

そこまで考えられなくてもストレスをあまり怖がる必要はありません。

 

ストレスの秘密-その4

”ストレスを感じることは当たり前ストレスを避けることなんてできない。

”ストレスを感じても自分はいつだってストレスから逃げることができるんだ。

この予想があなたのストレスを発散、解消していきます。

 

へなお
そして次に考えるべきことは回避です。

 

ストレスの秘密-その5

自分の中でストレスを発散したり解消したりした気分になれる逃げ道を持っておくことです。

この回避があなたのストレスをさらに発散、解消していきます。

 

この逃げ道は人それぞれです。

 

それがお酒であったりスポーツであったり音楽であったりするわけです。

 

へなお
何もしないでぼーっとする時間を過ごすことでも構いません。

 

なにかに打ち込むことでストレスを発散したり解消したりしないといけないと思う気持ちがまたさらなるストレスを生み出します。

 

ストレスを発散したり解消したりするには何をしたらいいのかをゆっくり考えることだって自分にとっては1つの逃げ道になり得ます。

 

他の人のストレス発散法や解消法に惑わされることなんてないのです。あなた独自のストレスからの逃げ道を探してみてください。

 

 

あなたはいつでもストレスから逃げられる

ストレス-4-min

予想と回避でストレスを発散し解消することができることがお分かりいただけたと思います。

 

ストレスを抱えている脳に“がんばれ”は禁句です。

 

へなお
時に”がんばれ”は脳にいい効果も与えますけどね

 

”がんばれの脳科学”についてはこちらの記事を参照してみてください。

 

こちらもCHECK

 

目に見えないストレスにおびえずに時には寄り道をしながら生きてみたっていいでしょう。

 

そもそもストレスなんて脳の化学反応が生み出した目に見えない虚像に過ぎないのです。

 

ストレスに無理に立ち向かう必要なんて全然ないのです。

 

へなお
ストレス発散法、解消法なんておおげさなことを考えるのではなくまずは自分の逃げ道をつくってあげてください。

 

あなたはいつでもストレスから逃げられるのです。

 

とにかく今すぐにでもストレスを解消したい人はこちらを参考にしてみてください。

 

 

 

まとめ

まとめ-conclusion1-N1

ストレスを発散したり解消したりする方法について脳科学的に解明してみました。

 

今回のまとめ

  • ストレスを発散したり解消したりするためには『予想』と『回避』が大切です。
  • ストレスを感じて悪いことなんて何もありません。
  • ストレスを感じることは当たり前でストレスを避けることはできません。
  • ストレスを発散したり解消したりした気分になれる逃げ道を持っておくことが大切です。
  • あなたはいつでもストレスから逃げられるのです。

今回の記事がみなさんに少しでもお役に立てれば幸いです。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

今後も『脳の病気』、『脳の治療』、『脳の科学』について現場に長年勤めた脳神経外科医の視点で皆さんに情報を提供していきます。

 

最後にポチっとよろしくお願いします。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

へなお

▶脳神経外科専門医でアラフィフおじさんの「へなお」です。▶日々脳の手術、放射線治療を中心に勤務医をしています▶一般の方でも脳についてわかりやすく理解していただけるように、脳の病気や治療から脳科学まで幅広い分野にわたって長年の経験からつちかった情報を提供していきます▶多くの方に脳に興味をもっていただき、少しでもこれからの生活の役に立つ知識をつけていただければと思います!

おすすめ記事

バレンタインジャンボ2021-A1 1

宝くじって当たる確率が低いってわかっているのになんで買うんでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年… ...

じゃんけん-A3 2

じゃんけんで勝つ確率って上げられるの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年…多くの脳の病気と向き合い手術、 ...

自己責任-1 3

ストレスに満ちた自粛しながらの生活の中で自己責任ってどんな意味があるの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20 ...

メラビアンの法則-A2 4

第一印象は見た目で決まるって本当なの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年…多くの脳の病気と向き合い手術、 ...

がんばれ-A4 5

大事な試験や試合の時に“頑張れ”って応援するのは相手にプレッシャーをかけて苦しめてつらくさせるだけで逆効果なの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。 &nbsp ...

-脳を科学する
-, , , ,

© 2021 殻に閉じこもった脳神経外科医が行く Powered by AFFINGER5