学習の脳科学 脳を科学する

幼児の早期教育は意味がない?早期教育とIQの関係を脳科学で探る

早期教育-A1

幼児の早期教育はメリットがあるの?それとも意味がない?

 

そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。

 

このブログでは脳神経外科医として20年…多くの脳の病気と向き合い手術、放射線治療を中心に勤務医として働いてきた視点から、日常の様々なことを脳科学で解き明かし解説していきます。

 

基本的な知識についてはネット検索すれば数多く見つかると思いますので、ここでは自分の実際の経験をもとになるべく簡単な言葉で説明していきますね。

 

この記事を読んでわかることはコレ!

  • 幼児の早期教育とIQの関係を脳科学で説き明かします。

 

早期教育とは

早期教育-5-min

早期教育の脳科学

  • 脳科学的に早期教育はほぼ効果がないに等しいと言えます。
  • 早期教育と幼児教育は基本的に別の教育法ですので混同しないように注意が必要です。
  • 幼児教育は脳科学的にもお勧めです。
  • 早期教育の目的はIQを高めることにありますがこれは誤った考えです。
  • どんな教育法であれ自分の教育ポリシーを確立し子どもに伝えることがなによりも大切です。

早期教育の脳科学

脳科学的に早期教育は決して推奨されるものではなく長期的にはほぼ効果がないに等しい。

 

へなお
これが早期教育の真実です。

 

ただし誤解しないでいただきたいのは何も早期教育を完全に否定しているわけではありません。

 

脳科学というひとつの視点から見れば…の話です。

 

もうひとつ誤解をしないでいただきたいことは早期教育は「幼児教育」とは違うということです。

 

早期教育も幼児教育も幼児の時期から教育を始める点では共通しています。

 

へなお
そもそも幼児とは何歳までのことを言うのでしょう?

 

幼児とは一般的には乳児期を過ぎた1歳から小学校入学前の6歳までの時期をさします。

 

幼児教育の目的は生涯にわたる人格形成や学習の基礎をつくることを重視しています。

 

幼児教育の概念には幼稚園や保育所などにおける教育に加え家庭や地域社会における教育など幼児の生活全般における教育が含まれます。

 

ですから子どもの内面に働きかけ目先の結果よりも学習意欲や探求心などを培わせ可能性を伸ばすことを尊重する教育と言えます。

 

幼児期には脳の約80%が出来上がるとされており言語能力や身体能力が著しく発達しコミュニケーション能力や社会性を身に付け始めます。

 

そのため幼児期に受ける教育は生涯にわたる人格や能力の基礎と学習の土台となるためとても重要です。

 

一方早期教育の目的は受験や芸術あるいは運動など専門的な技能の習得を目的としています。

 

そのため早期教育では知識や技術の習得であったり学習の先取りであったりを重視します。

 

また早期教育は大人の意向で行われことがほとんどであり幼児期に入るのを待つことなく家庭によっては乳児期や胎児期から始める場合もあります。

 

ではどうして早期教育は思ったような効果が期待できないのでしょうか?

 

ひとつずつ脳科学で説き明かしていきましょう。

 

早期教育の真実

早期教育-1-min

「脳科学的に早期教育は長期的にはほぼ効果がないに等しい」と言いましたが「本当なの?」と疑問に思っている人も多くいるのではないでしょうか。

 

へなお
しかしこれはちゃんとした真実です。

 

3月生まれのプロ野球選手は4月生まれの選手のわずか半数ほどしかいません。

 

Jリーグのプロサッカー選手でも同様の結果です。

 

へなこさん
やはり幼少時の早期教育が将来に影響しているじゃないですか…

 

へなお
そんな風に思いがちですよね。

 

しかしこれは幼少時の体格差が影響しているだけで教育法が影響しているわけではありません。

 

幼少時の運動能力の1年の差は歴然です。

 

早生まれの子が幼少時に植え付けられた体力の違いの劣等感は成長後にも克服するのは難しいのかもしれません。

 

へなお
では学習についてはどうでしょう。

 

たとえば東京大学の学生について見てみましょう。

 

3月と4月生まれでは学生数はほぼ同じです。

 

つまり体格差とは異なり知能の劣等感は充分に克服できるのです。

 

それだけではありません。

 

この結果からは「早期教育の効果は限定的である」という結論も得られます。

 

なぜなら3月生まれは4月生まれよりもほぼ1年早くから学習の概念が与えられているからです。

 

1年若い段階で年上の児童と同じ学習カリキュラムを開始しているにもかかわらず東京大学の合格率は上昇しません。

 

へなお
早くから教育を始めることが必ずしも有効でないことの1つの証拠ですね。

 

小学生で習うような計算や漢字をいち早く教え込むような教育は脳科学的にはお勧めできません。

 

幼児期の子どもに知識の詰め込みをしてもほとんど意味はなしません。

 

へなお
こうした知識はいずれ小学生になれば誰でも習得できるものです。

 

親が一方的に焦って向きになって教えたところでその効果はあくまでも一時的なもので終わってしまいます。

 

“育成論の脳科学”についてはこちらの記事をご参照ください。

 

こちらもCHECK

育成論-A1
教え方が上手い人は何をしているか?~脳科学的な育成論を探る

教え方が上手い人ってどんな方法で教えているの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年…多くの脳の病気と向き合 ...

続きを見る

 

では幼児期にすべきことは何なのでしょうか?

 

早期教育よりも幼児教育を進めるワケ

早期教育-2-min

幼児期にすべき教育は早期教育ではなく幼児教育です。

 

幼児期には幼児期にこそ習得すべきものがあります。

 

自然や実物に触れる「五感体験」「忍耐力」

物事を不思議に思う「疑問力」「知識欲」

筋道を立てて考える「論理力」

未来や他人の心の内などの見えないものを理解する「推察力」

適切に判断する「対応力」

多角的な解釈を可能にする「柔軟性」

自分の考えを伝え人の考えに耳を傾ける「疎通力」

 

などなどどれも大切な養成ポイントです。

 

幼いころに身につけた「考える力」はその後の成長を後押しする底力となるはずです。

 

一般的にヒトは「対処したのにできなかった」よるも「対処しなくてできなかった」の方が結果に対する責任が重いと考える傾向があります。

 

できなくてもがんばってやってみることを脳は心地よく感じ快感を得ます。

 

“快感の脳科学”についてはこちらの記事もご参照ください。

 

こちらもCHECK

脳内妄想-A2
“Get Wild退勤”で仕事の達成感を得る!脳内妄想を脳科学で説く

”Get Wild退勤”で仕事の達成感を得るってどういうことなの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年以上 ...

続きを見る

 

仕事や勉強では特に「がんばってやってみる」が求められますが子育てについても似たことが言えます。

 

ですから子どもに対して「早期教育をしない」「習い事をさせない」と決めることは勇気のいることです。

 

へなお
他の親が子どもにどんな教育をしているのかは気にしないつもりでもどうしても気になりますよね。

 

しかし周囲の情報に流されず自分の教育ポリシーをちゃんと決めてブレないことの方が子どもに不安や不信感を抱かせずにすみます。

 

短絡的な不安感から子どもにあれやこれやと過剰に干渉したところで良い結果に結びつく保証なんてどこにもないのです。

 

早期教育とIQ

早期教育-3-min

ではなぜそもそも早期教育はこんなにももてはやされているのでしょうか?

 

幼い時から習い事をたくさんさせて将来の可能性を広げるなんて夢物語を多くの親が抱いて子どもを送り出します。

 

へなお
ほぼ毎日習い事をしている子どもも決して少なくはないのではないでしょうか?

 

早期教育がもてはやされる理由の1つにIQとの関連性があげられます。

 

へなお
皆さんはIQという言葉を1度は聞いたことがありますよね。

 

IQとはIntelligence Quotientの略語で知能指数のこです。

 

IQは数字で表されて大きな数字ほど知能が高く低いほど知能が低いというなんとも残酷な指標です。

 

“IQの脳科学”についてはこちらの記事もご参照ください。

 

こちらもCHECK

IQ-A2
IQが高い人の脳の特徴ってなに?~大人になってもIQを伸ばすための脳科学

IQが120を超えるずば抜けて高い人の脳ってどんな特徴があるんですか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年 ...

続きを見る

 

IQは多くの人が知っているIQテスト…正式にはビネー式知能検査で判定されます。

 

へなお
この検査はなんと100年以上前にフランスの心理学者であるアルフレッド・ビネーが考案したものです。

 

ビネーが知能を支える3大要素として重要視したのは「論理力」「言語力」「熱意」です。

 

「論理的」に考えることのできない人はもちろん論外ですがたとえ論理的に考えてもそれを他人に伝える「言語力」がなければ他人からみれば「何も考えていない」と思われても仕方ありません。

 

一方論理力や言語力が優れていてもその能力を発揮する「熱意」がなければやはりできない人になってしまいます。

 

3つの要素のいずれが欠けても知能は成立しません。

 

へなお
ではこの3つの要素の中でもっとも軽視されがちな要素はどれでしょう?

 

脳科学的に軽視されやすいのは「論理力」です。

 

へなお
論理とは学習でいえば数学や物理のことです。

 

親は幼児に対して絵本を読み聞かせて「言語力」を身につけさせます。

 

“絵本の脳科学”についてはこちらの記事をご参照ください。

 

こちらもCHECK

絵本-A1
絵本を子供に読み聞かせる効果ってなに?~絵本を脳科学で探る

絵本を子供に読み聞かせる効果って何なんでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年…多くの脳の病気と向き ...

続きを見る

 

あるいは頑張るように励まして「熱意」を育てます。

 

“応援の脳科学”についてはこちらの記事をご参照ください。

 

こちらもCHECK

がんばれ-A4
あなたの応援メッセージは相手にとってプレッシャー?"頑張れ"を脳科学で探る

大事な試験や試合の時に“頑張れ”って応援するのは相手にプレッシャーをかけて苦しめてつらくさせるだけで逆効果なの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。 &nbsp ...

続きを見る

 

へなお
しかし計算や図形の考え方を教え込もうとする頻度は少ないのではないでしょうか。

 

数学や物理に関係したおもちゃや絵本もまだまだマイナーな存在です。

 

“数学の脳科学”についてはこちらの記事をご参照ください。

 

こちらもCHECK

数学-A4
数学の公式や数式を見るだけでなぜ苦手意識が湧き上がる?数学ができない人と得意な人の脳を探る

数学の公式や数式を見るだけで苦手意識が湧き上がるのはなんでなの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年以上多 ...

続きを見る

 

ここで幼少時の算数学習の重要性を示した研究をご紹介しましょう。

Berkowitz T, et al, Science 350(6257):196-198. doi: 10.1126/science.aac7427, 2015

 

研究では小学校1年生とその親に対して改訂で算数学習を取り入れた時の効果を調べてています。

 

計算や図形が含まれる本を1年間学習してもらいます。

 

調査結果では算数の家庭学習を取り入れた子どもは一般的な物語を読み聞かせただけの子どもに比べて算数の点数が30%も高くなりました。

 

学習は毎日行う必要はありません。

 

週に1回で充分な効果があります。

 

算数が苦手であればあるほど高い効果が得られました。

 

このように早期学習にはIQにおける「論理力」を高める効果があるとする報告が少なくありません。

 

その結果早期学習がもてはやされ誰しもがこぞって早期学習を取り入れようとするのです。

 

へなお
つまり早期教育の目的は子どものIQを高めることにあると言えます。

 

しかしこの考え方は脳科学的には誤った考え方でありある意味滑稽にさえ思えます。

 

なぜならそれは本来のIQの意味を誤解しているからです。

 

ではIQの本来の意味とはいったい何なのでしょう?

 

IQを正しく理解しよう

早期教育-4-min

へなお
そもそもIQが考案された理由をご存じでしょうか?

 

IQの本来の意味はできるだけ環境や教育や年齢による影響を受けないような脳の能力の指標です。

 

つまり生まれながらの純粋な脳の能力だけをうまく測定することがIQの目的です。

 

そのため長年改良が重ねられてきました。

 

ですからIQは遺伝します。

 

たとえば遺伝的に関係のない2人を無作為に連れてきてIQがどれほど一致するかを調べると相関関係はゼロとなります。

 

へなお
つまりIQは偶然の確率でしか一致しません。

 

一方で一卵性双生児(同じ遺伝子セットを持った2人)を例えば幼いころに引き離して別々の環境で育てたとします。

 

へなお
この場合は70%以上の確率でIQは一致します。

 

このようにIQは遺伝することがわかっています。

 

またIQは生涯を通じてあまり変化しないこともわかっています。

 

つまり小学生のころと高齢になってから同じ人でIQを比較しても60%以上の確率で一致します。

 

このような事実からわかることは残念ながら才能は生まれる前から決定しているという運命決定説です。

 

ここまで言うと運命決定説を受け入れざるを得ないように感じますがもちろんこれは行き過ぎた極端な解釈です。

 

遺伝によるIQの一致率は決して100%ではありませんので学習を通じて知恵や知識を身につけ成長して行く可能性は十分にあります。

 

しかしこれが逆に問題でIQは遺伝するのですから本来であれば一致率は100%でなくてはなりません。

 

つまり現状のIQは不完全と言うことになりまだまだ改善の余地があるということです。

 

へなお
いずれにしても早期教育の目的がIQを高めることにあるとするのであればそれは誤った解釈であることがお分かりいただけたでしょうか。

 

幼児のIQを高めることを謳(うた)った教材や教育プログラムには注意が必要です。

 

IQが遺伝して生まれながらに自分の才能がある程度決められているとしてもなにも悲観することはありません。

 

遺伝子で運命づけられたデフォルトの能力から自由に羽ばたくためにわたしたちの脳はあるのです。

 

遺伝子で定まる特定の才能に固執するよりも未開拓の潜在能力に注目した方がはるかに健全ですし素敵な生き方です。

 

”子育ての脳科学“についてはこちらの記事もご参照ください。

 

こちらもCHECK

ピグマリオン効果-A1
ピグマリオン効果とは?恋愛や子育てで期待した成果を生む秘伝の方法を脳科学で説く

ピグマリオン効果とはなんですか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳の病気と向き合い手術、血管 ...

続きを見る

 

なにも早期教育を否定しているのではありません。

 

早期教育の脳科学

なにも未完成のIQの数値にこだわった教育法に縛られるのではなく子どもの未来を切り開く助けになるような教育と思うのであればどんどん取り入れるべきでしょう。

 

自分の教育ポリシーをちゃんと持ってさえすれば方法はどうであれ親の気持ちは子どもにもちゃんと伝わります。

 

 

 

 

 

“早期教育の脳科学“のまとめ

まとめ-conclusion1-N1

幼児の早期教育とIQの関係を脳科学で説き明かしてみました。

 

今回のまとめ

  • 脳科学的に早期教育はほぼ効果がないに等しいと言えます。
  • 早期教育と幼児教育は基本的に別の教育法ですので混同しないように注意が必要です。
  • 幼児教育は脳科学的にもお勧めです。
  • 早期教育の目的はIQを高めることにありますがこれは誤った考えです。
  • どんな教育法であれ自分の教育ポリシーを確立し子どもに伝えることがなによりも大切です。

今回の記事がみなさんに少しでもお役に立てれば幸いです。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

今後も『脳の病気』、『脳の治療』、『脳の科学』について現場に長年勤めた脳神経外科医の視点で皆さんに情報を提供していきます。

 

最後にポチっとよろしくお願いします。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

へなお

▶脳神経外科専門医でアラフィフおじさんの「へなお」です。▶日々脳の手術、血管内治療、放射線治療を中心に某総合病院で勤務医をしています▶一般の方でも脳についてわかりやすく理解していただけるように、あなたのまわりのありふれた日常を長年の経験からつちかった情報をもとに脳科学で探っていきます▶多くの方に脳に興味をもっていただき、少しでもこれからの生活の役に立つ知識をつけていただければと思います!

おすすめ記事

年末ジャンボ2021-A2 1

宝くじって当たる確率が低いってわかっているのになぜ多くの人は宝くじを買うのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科 ...

フードファイター-A4 2

大食いのフードファイターはなぜあんなにたくさん食べられるの? なぜ太らないの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医とし ...

デジャヴ-A6 3

「これって前に見たことあるような気がするけど気のせい?」…そんな経験したことありませんか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神 ...

サウナでととのう-A3 4

「サウナでととのう」とは脳科学的にどのような意味や方法や効果があるのでしょうか??   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医 ...

がんばれ-A4 5

大事な試験や試合の時に“頑張れ”って応援するのは相手にプレッシャーをかけて苦しめてつらくさせるだけで逆効果なの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。 &nbsp ...

モノクロ-A2 6

モノクロの世界の意味と魅力ってどこにあるの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳の病気と向き合 ...

美男美女-A10 7

美男美女カップルが少ないのは何でなの? そもそも美男美女ってモテないの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20 ...

マガーク効果-A3 8

マスクをしながらの会話やリモート会議で相手の言っていることが理解しづらいのはなぜなのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは ...

雷恐怖症-A3 9

雷が怖いんですけど克服する方法ってありますか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳の病気と向き ...

数学-A4 10

数学の公式や数式を見るだけで苦手意識が湧き上がるのはなんでなの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年以上多 ...

-学習の脳科学, 脳を科学する
-, ,

© 2021 殻に閉じこもった脳神経外科医が行く Powered by AFFINGER5