日常の脳科学 脳を科学する

その出来事は偶然なのか?それとも必然なのか?「シンクロニシティ」の意味を脳科学で探る

シンクロニシティ-A1

起きた出来事は偶然なのでしょうか?必然なのでしょうか?…どちらなのでしょう?

 

そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。

 

このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳の病気と向き合い勤務医として働いてきた視点から、日常の様々なことを脳科学で解き明かし解説していきます。

 

基本的な知識についてはネット検索すれば数多く見つかると思いますので、ここでは自分の実際の経験をもとになるべく簡単な言葉で説明していきます。

 

この記事を読んでわかることはコレ!

  • 偶然と必然の関係を説明する「シンクロニシティ」の意味についてわかりやすく脳科学で説き明かします。

 

偶然はいったいどのくらいの確率で起こるのか?

シンクロニシティ-1-min

「シンクロニシティ」の脳科学

  • 「シンクロニシティ」とは一見全まったく因果関係がないように思えることが同時に起こる偶然の出来事です。
  • 「シンクロニシティ」は時にスピリチュアル的、引き寄せ的な未知なる力と思われがちです。
  • ある出来事は起こることよりも起こらないことの方がむしろ偶然であり、「シンクロニシティ」と思われている出来事のほとんどは必然なのです。

わたしたちの人生にはたびたび不思議なめぐり合わせが度々起こります。

 

友達とうわさ話をしていたらその人から突然電話がかかってきた。

 

温泉旅行に行きたいと思っていたら定期購読している雑誌の特集が温泉旅行だった。

 

カレーが食べたいと思って帰宅したら夕飯がカレーだった。

 

小さいことから大きいことまで「たまたま起こった」と感じられるような偶然の出来事を体験したことがあるはずです。

 

しかし「たまたま起こった」出来事は本当に偶然なのでしょうか?

偶然だとしたら一体どのくらいの確率で偶然は起こるのでしょうか?

 

「神様のお告げ」や「テレパシー」などとスピリチュアルな世界を想像する人もいるでしょう。

 

“スピリチュアルの脳科学”についてはこちらの記事もご参照ください。

参考お盆と霊を科学する~スピリチュアルの意味を脳科学で説く

お盆には祖先の霊が私たちのところに訪ねて来るって言うけどどういうことなの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として2 ...

続きを見る

 

またある人は「偶然ではなくあなたの意識が引き寄せて起こっている」という人もいるでしょう。

 

“引き寄せの脳科学”についてはこちらの記事もご参照ください。

引き寄せの法則-A1
参考【知らないと損をする】「引き寄せの法則」は本当に効果があるのか?を脳科学で探る

「引き寄せの法則」って本当に効果があるんですか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳の病気と向 ...

続きを見る

 

へなお
今回は「起きた出来事は偶然なのか?必然なのか?」について脳科学で説き明かしていきます。

 

「シンクロニシティ」という未知なる力

シンクロニシティ-2-min

みなさんは「シンクロニシティ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

日本語では「共時性(きょうじせい)」と呼びます。

 

へなお
この「シンクロニシティ」こそが偶然と必然の関係を説明するキーワードとなります。

 

偶然と思われる出来事は「これが原因でその出来事が起こった」と原因と結果の因果関係を説明しづらいことがほとんどです。

 

無理に結びつけようとすると時には“こじつけ”のようになってしまいます。

 

このように一見すると関連がないことのように思える出来事がめぐりにめぐって関連して結びつくようになってしまうことを「非因果的関連の原理」と呼びます。

この「非因果的関連の原理」こそが「シンクロニシティ」の正体です。

 

へなお
言うならば“意味のある偶然の一致”といったところでしょうか。

 

「シンクロニシティ」という概念を提唱したのはスイスの精神科医で心理学者のカール・ゲスタフ・ユイング氏です。

 

「シンクロニシティ」は簡単に言うと日々の日常生活の中で起こる一見まったく関連のないように思える事柄が同時に起こる偶然の出来事です。

 

ユイング氏は「人の深い深層意識はすべて1つに繋がっていて、だからこそ一見すると関係のないことのように思われることでも実はつながっているからこそ、偶然の一致ではなくシンクロニシティが起こり得る」と説明しています。

 

この考え方は人や動物や植物などのすべての魂のエネルギーは1つの宇宙に繋がっているというスピリチュアルの概念とある意味共通していると言えます。

 

たとえばAさんとBさんが2人で話をしていたところCさんの話題になったといします。

 

「最近全然連絡とってないけどCさんは今頃どうしているのかなあ…」

 

そんな話していたところたまたまCさんが同じ店に現れました。

 

 誘ったわけではないのにCさんの話をしていただけでCさんが現れた…

 

これは理屈では説明できない事態であり、未知なる力が働いていると考えてもおかしくはないでしょう。

 

「シンクロニシティ」は偶然であり必然ではないのか?

シンクロニシティ-3-min

ここまでの説明ですと「シンクロニシティ」は“未知なる力が働き偶然が起きている”ということになります。

 

しかし多くの人はあまり気に留めていないかもしれませんが「シンクロニシティ」は日常生活でたびたび起きています。

 

たとえば紙に十字線を引いて4つのマス目を作ってある出来事について「起こり得た組み合わせ」についてすべてを書き出してみます。

 

シンクロニシティ-PP1-min

 

先ほどの話で「AさんとBさんがCさんの話題を話していたところCさんが突然同じ店に現れる」について考えてみましょう。

 

実際に起きたのは

 

「AさんとBさんがCさんの話題を話する/Cさんが現れる」

 

このパターンです。

 

しかしそれ以外に3つの組み合わせが考えられます。

 

「AさんとBさんがCさんの話題を話する/Cさんが現れない」

 

「AさんとBさんがCさんの話題を話しない/Cさんが現れる」

 

「AさんとBさんがCさんの話題を話しない/Cさんが現れない」

 

次にこれらの状況がどのくらいの頻度で起こるのかを推測します。

 

AさんとBさんはどのくらいの頻度でお店に行って2人で話をしているのか?

 

AさんとBさんはCさんとどのくらい親しくてどのくらいCさんの話題を話しているのか?

 

Cさんはどのくらいの頻度でお店に行っているのか?

 

たとえばAさんとBさんが頻回にお店に行って話をしていて、しかもCさんとはとても親しい関係であればCさんの話題はよく話するはずです。

 

そのような状況であれば「AさんとBさんがCさんの話題を話していたところCさんが突然同じ店に現れる」という出来事はまったくあり得ない話ではなく起こるべくして起きたと言えるでしょう。

 

逆にAさんとBさんはCさんとはたいして親しい関係でなくCさんの話題を話することもほとんどない状況であれば、たとえCさんが突然お店に現れてもたいして何とも思わないでしょうし、もしかしたら気づかないかもしれません。

 

このように考えるとある出来事が起こる確率は一概には何とも言えず、しかもどのパターンでも起こる確率はゼロではないことがわかります。

 

つまりどのパターンも発生する可能性があるわけで「神様のお告げ」や「テレパシー」が働いたわけではないと言えるでしょう。

 

そもそも人間は起きている時間の90%は他人のことを考えています。

 

ほとんどすべての時間をさまざまな人のことを思い浮かべながら生活しているわけです。

 

そう考えれば「AさんとBさんという2人の人間が同時にCさんのことを考え、しかもその時にCさんが目の前に現れる」という出来事が起こらないことの方があり得ないということになってきます。

 

しかもAさんとBさんが話題にして話をしている人がCさんだけでなくDさんであったりEさんであったりFさんであったりと多くなればなるほど突然目の前に現れる確率も高くなるでしょう。

 

こう考えてくると“未知なる力が働き偶然が起きている”という「シンクロニシティ」は決して偶然ではなく必然ということになってきます。

 

へなお
ただ脳が“起きた出来事が偶然”であったとしたいだけなのかもしれません。

 

“考えられないような偶然”とは本当に滅多に起こり得ないものの少しでも起こる可能性がありゼロ%ではない出来事です。

 

しかしそのようなことが起こっても決して驚く必要はありません。

 

なぜなら“考えられないような偶然”と思っているのはあなたの脳だけで、現実にはほとんどのことは必然として起きているのですから…

 

もし驚くとするのであればむしろ“考えられないような偶然”が一度も起こらなかった場合でしょう。

 

へなお
結局のところ“起きた出来事が偶然なのか必然なのか”はあなたの脳次第ということなのです。

 

 

“「シンクロニシティ」の脳科学”のまとめ

まとめ-conclusion1-N1

偶然と必然の関係を説明する「シンクロニシティ」の意味についてわかりやすく脳科学で説き明かしてみました。

今回のまとめ

  • 「シンクロニシティ」とは一見全まったく因果関係がないように思えることが同時に起こる偶然の出来事です。
  • 「シンクロニシティ」は時にスピリチュアル的、引き寄せ的な未知なる力と思われがちです。
  • ある出来事は起こることよりも起こらないことの方がむしろ偶然であり、「シンクロニシティ」と思われている出来事のほとんどは必然なのです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

今後も長年勤めてきた脳神経外科医の視点からあなたのまわりのありふれた日常を脳科学で探り皆さんに情報を提供していきます。

 

最後にポチっとよろしくお願いします。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

へなお

▶脳神経外科専門医でアラフィフおじさんの「へなお」です。▶日々脳の手術、血管内治療、放射線治療を中心に某総合病院で勤務医をしています▶一般の方でも脳についてわかりやすく理解していただけるように、あなたのまわりのありふれた日常を長年の経験からつちかった情報をもとに脳科学で探っていきます▶多くの方に脳に興味をもっていただき、少しでもこれからの生活の役に立つ知識をつけていただければと思います!

おすすめ記事

年末ジャンボ2021-A2 1

宝くじって当たる確率が低いってわかっているのになぜ多くの人は宝くじを買うのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科 ...

フードファイター-A4 2

大食いのフードファイターはなぜあんなにたくさん食べられるの? なぜ太らないの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医とし ...

デジャヴ-A6 3

「これって前に見たことあるような気がするけど気のせい?」…そんな経験したことありませんか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神 ...

サウナでととのう-A3 4

「サウナでととのう」とは脳科学的にどのような意味や方法や効果があるのでしょうか??   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医 ...

がんばれ-A4 5

大事な試験や試合の時に“頑張れ”って応援するのは相手にプレッシャーをかけて苦しめてつらくさせるだけで逆効果なの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。 &nbsp ...

モノクロ-A2 6

モノクロの世界の意味と魅力ってどこにあるの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳の病気と向き合 ...

美男美女-A10 7

美男美女カップルが少ないのは何でなの? そもそも美男美女ってモテないの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20 ...

マガーク効果-A3 8

マスクをしながらの会話やリモート会議で相手の言っていることが理解しづらいのはなぜなのでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは ...

雷恐怖症-A3 9

雷が怖いんですけど克服する方法ってありますか?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年以上多くの脳の病気と向き ...

数学-A4 10

数学の公式や数式を見るだけで苦手意識が湧き上がるのはなんでなの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年以上多 ...

-日常の脳科学, 脳を科学する
-, , , ,

© 2021 殻に閉じこもった脳神経外科医が行く Powered by AFFINGER5