日常の脳科学 脳を科学する

あなたの応援メッセージは相手にとってプレッシャー?"頑張れ"を脳科学で探る

がんばれ-A4

大事な試験や試合の時に“頑張れ”って応援するのは相手にプレッシャーをかけて苦しめてつらくさせるだけで逆効果なの?

 

そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。

 

このブログでは脳神経外科医として20年…多くの脳の病気と向き合い手術、放射線治療を中心に勤務医として働いてきた視点から、日常の様々なことを脳科学で解き明かし解説していきます。

 

基本的な知識についてはネット検索すれば数多く見つかると思いますので、ここでは自分の実際の経験をもとになるべく簡単な言葉で説明していきますね。

 

この記事を読んでわかることはコレ!

  • “頑張れ”の応援メッセージとしての脳科学的な効果がわかります。

 

“頑張れ“は逆効果?

がんばれ-2

”頑張れ”は相手を苦しめつらくさせて逆効果?…そんなことはありません!

  • 脳は実は“頑張れ”が大好きです。
  • 脳は無意識の中で“頑張れ”に反応して体に効果的な指令を送ります。
  • ですから“頑張れ”の効果は絶大です。
  • “頑張れ”で生まれたプレッシャーによる緊張は脳をバグらせて消し去ってしまいましょう。

 

大事な試験や試合の時はどうしても“頑張れって言ってしまいますよね。

 

へなこさん
でもそれって本人にとってはただ単にプレッシャーをかけられただけなんじゃないの?

 

へなお
ではどんな言葉が効果的なのでしょう?

 

いつもの調子で平常心で行こう!

 

みんなついてるよ!

 

へなお
相手に気を使ってこんな言葉を投げかけて本当に意味があるのでしょうか?

 

なんてひねくれたことをつい考えてしまいます。

 

心理学と脳科学は違います。

 

気持ちの持ち方や精神論的な話はいったん置いておくとして、脳は“頑張れ”をどう感じているのでしょう?

 

「”頑張れ”と応援する側」「”頑張れ”と応援された側」それぞれの立場から”頑張れ”の応援メッセージとしての効果について脳科学で解き明かしていきます。

 

”頑張れ”の応援メッセージとしての効果

  • ”頑張れ”は相手を苦しめつらくさせる?
  • ”頑張れ”と言われて苦しくつらくなった時の対処法は?

 

応援する側から見た”頑張れ”の効果

がんばれ-1

へなこさん
全然勉強してないから今日の試験は自信ないよ~

 

試験の前にこんなことを言っている人よく見かけましたよね…

 

そんな人に限って試験の結果が出たら高得点をたたき出してる…

 

へなお
学生時代のあるあるですね。

 

対費用効果の高い…つまり効率の良いスマートな努力で高い効果を上げることこそが美しい勝利の方程式

 

なんて図式がいつの間にか賞賛されてますよね。

 

へなお
昔ながらの泥臭い気合や根性は古臭い大和魂…もはや過去の遺産なのでしょうか?

 

実は脳はそんな気合や根性が大好きです。

 

当然“頑張れ”も大好きです。

 

へなお
これは脳科学的にも証明されています。

 

手で握る力…すなわち握力を計測する研究です。

普通に握るよりも“がんばれ”や“”いいね“などの言葉を見せて握ったほうが握力が2倍になる結果が示されました。

しかも最大の握力が出るまでの時間も早くなりました。

ちなみに意味のない言葉を見せても効果はありませんでした。

Aarts H, et al, Science 319:1639, 2008

 

嘘のような本当の研究…これはちゃんとした研究結果です。

 

”頑張れ”の秘密-その1

プレッシャーなんて精神的なものを吹き飛ばすくらい脳はちゃんと“頑張れ”に反応するのです。

そして脳の反応にちゃんと体は応えるのです。

 

気合や根性だって“頑張れ”と同じです。

 

へなこさん
そんな言葉で簡単に効果がでるなら誰も苦労しないですよ…

 

なんて思ってないですか。

 

”頑張れ”の秘密-その2

心の中ではどんな風に思っていようとも脳はちゃんと”頑張れ”を感知して無意識の中でも正しい反応や判断をして体に指令を送っているのです。

自分で意識して頑張ろうとするよりも無意識の中でかけられる”頑張れ”の方がずっと効果が高いのです。

 

こんな研究はこのほかにも数々行われ“頑張れ”が脳を刺激することは脳科学的にちゃんと証明されているのです。

 

ですからプレッシャーなんで気にせずに“頑張れ”って応援してあげてください!

 

へなお
あなたの”頑張れ”はきっと相手の脳に届きます!

 

へなこさん
でも応援された人が”頑張れ”のプレッシャーで苦しんだりつらくなったりしてないかが心配です…

 

へなお
大丈夫です!安心してください!

 

”頑張れ”と言われて苦しくつらくなった時にはちゃんと対処法があるんです。

 

次にこの対処法を脳科学で解説していきますね。

 

応援される側から見た”頑張れ”の効果とその対処法

がんばれ-3

 

脳は“頑張れ”にちゃんと反応して体に指令を送っています。

 

しかしそうは言ってもあまり“頑張れ”って言われすぎるとやはりプレッシャーで緊張してますますドキドキしてしまいますよね。

 

そして苦しくなってつらくなってしまう…

 

”頑張れ”という言葉が逆に『苦しい』『つらい』『きつい』『しんどい』『言われたくない』

 

そんなネガティブばイメージになってしまいがちです。

 

だからみんなあまり”頑張れ”って言えなくなっちゃうんですよね…

 

へなこさん
そんな時はどうすればいいの?

 

そんな時はちょっと軽い運動をしてみてください。

 

へなこさん

試験や試合の前に運動?

そんなのできないでしょう…

 

へなお
いえいえ、そんな激しい運動は必要ありません。

 

”頑張れ”の秘密-その3

”頑張れ”と言われて苦しくつらくなった時の対処法

軽い運動ちょっとだけ心臓をドキドキさせて鼓動を速めてあげてください

この心臓のドキドキが大切なのです。

 

軽い運動で心臓がドキドキするのとプレッシャーで緊張して心臓がドキドキするのではきっかけが違っても心臓がドキドキするのは同じですよね。

 

すると脳は心臓のドキドキに簡単にだまされます

 

へなこさん
なんでこんなに心臓がドキドキしているのだろう?

 

へなこさん
運動したから心臓がドキドキしているのであって、まさかプレッシャーで緊張して心臓がドキドキするはずがない…

 

へなこさん
だって今までこんなに頑張ってきたんだから自分が緊張して心臓がドキドキするはずがないじゃないか…

 

自分ではまったく意識していなくても脳は無意識的にそんな発想を始めます

 

脳は自分に都合の良いように考えを切り替えるのがとても得意です。

 

これにかかる時間はほんの数秒です。

 

これは恋愛における“吊り橋効果”に似た現象ともいえます。

 

吊り橋でドキドキしているのを恋愛でドキドキしているのと脳が勘違いをしてしまう…それが恋愛における“吊り橋効果”です。

 

“吊り橋効果における脳科学“についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

 

こちらもCHECK

吊り橋効果-A1
恋愛大作戦~吊り橋効果って本当に有効?錯誤帰属を脳科学で説く

吊り橋効果って本当に有効なの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年…多くの脳の病気と向き合い手術、放射線治 ...

続きを見る

 

”頑張れ”の秘密-その4

試験や試合で緊張してドキドキするのも、軽い運動でドキドキするのも、恋愛でドキドキするのももともとは別の感情なのに体の表現は心臓がドキドキで同じなのです。

そうなると脳は簡単にバグをおこします。

なにが原因で心臓がドキドキしているのかがわからなくなってしまいます。

しかし心臓がドキドキしている原因が欲しい

そうなると軽い運動をしたのだから心臓がドキドキして当たり前というところで落ち着くのです。

 

プレッシャーを見事に跳ねのけてしまえばもう”頑張れ”の応援に苦しんだりつらく感じたりなんてしなくなります。

 

先ほど言ったように脳はちゃんと”頑張れ”に反応するようにプログラミングされています

 

そして意識していなくても脳はちゃんと”頑張れ”を力に変えて体に適確な指令を送ってくれるのです。

 

へなこさん
そんなにうまくいくのかしら…

 

そう思う人はだまされたと思ってやってみてください。

 

へなお
あなたの脳もきっとバグってプレッシャーを吹き飛ばして”頑張れ”を力に変えてくれますよ!

 

精一杯“頑張れ”って応援して精一杯頑張ろう!

がんばれ-4

 

へなお
大切な試験や試合に向かう人を無言で送り出すほど淋しいものはありませんよね。

 

気を使って微妙な励ましの言葉をかけてもそれは脳には響きません

 

”頑張れ”の秘密-その5

プレッシャーで緊張しようとも“頑張れ”は脳に届いて無意識でも力を発揮するのです。

プレッシャーだって脳のバグで簡単に消し去ることは可能です。

 

へなお
スポーツの試合を見てみてください。

 

あんなに激しい応援の中で活躍する選手達こそプレッシャーを感じているはずです。

 

しかし選手たちは激しく運動することで知らず知らずのうちに脳をバグらせて”頑張れ”を力に変えているのです。

 

へなお
言うならばプレッシャーに強い人は脳をバグらせるのがうまいのかもしれません。

 

“頑張れ”を力に変えられるかプレッシャーに押しつぶされてしまうかはあなたの脳にかかっているのです。

 

応援を力に変えたい人は”頑張れ”で勇気をもらえる『チア☆ダン』がお勧めです。

 

 

大人の本気の”頑張れ”が欲しい方はこちらを読んでみてください。

 

きっと”頑張れ”が無限大の力に変わりますよ。

 

 

まとめ

まとめ-conclusion1-N1

“がんばれ”の応援メッセージとしての効果について脳科学的に解明してみました。

 

今回のまとめ

  • 脳は“頑張れ”が大好きです。
  • 脳は無意識の中で“頑張れ”に反応して体に効果的な指令を送ります。
  • ですから“頑張れ”の効果は絶大です。
  • “頑張れ”で生まれたプレッシャーによる緊張は脳をバグらせて消し去ってしまいましょう。

 

今回の記事がみなさんに少しでもお役に立てれば幸いです。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

今後も『脳の病気』、『脳の治療』、『脳の科学』について現場に長年勤めた脳神経外科医の視点で皆さんに情報を提供していきます。

 

最後にポチっとよろしくお願いします。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

へなお

▶脳神経外科専門医でアラフィフおじさんの「へなお」です。▶日々脳の手術、放射線治療を中心に勤務医をしています▶一般の方でも脳についてわかりやすく理解していただけるように、脳の病気や治療から脳科学まで幅広い分野にわたって長年の経験からつちかった情報を提供していきます▶多くの方に脳に興味をもっていただき、少しでもこれからの生活の役に立つ知識をつけていただければと思います!

おすすめ記事

バレンタインジャンボ2021-A1 1

宝くじって当たる確率が低いってわかっているのになんで買うんでしょう?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年… ...

じゃんけん-A3 2

じゃんけんで勝つ確率って上げられるの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年…多くの脳の病気と向き合い手術、 ...

自己責任-1 3

ストレスに満ちた自粛しながらの生活の中で自己責任ってどんな意味があるの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20 ...

メラビアンの法則-A2 4

第一印象は見た目で決まるって本当なの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。   このブログでは脳神経外科医として20年…多くの脳の病気と向き合い手術、 ...

がんばれ-A4 5

大事な試験や試合の時に“頑張れ”って応援するのは相手にプレッシャーをかけて苦しめてつらくさせるだけで逆効果なの?   そのような疑問に脳神経外科専門医であるへなおがお答えします。 &nbsp ...

-日常の脳科学, 脳を科学する
-, , , ,

© 2021 殻に閉じこもった脳神経外科医が行く Powered by AFFINGER5